「2代目社長・親の会社を継いで辛い」と悩む人に共通する2つのこと

みなさんこんにちは。

涌田です。

 

今日のテーマは、

・2代目社長として会社を継いだけど、社員と折り合いが悪い。

・親の会社を継いだけど、先代や古参従業員との関係に悩んでいる。

・今の自分は、思っていた2代目社長とは全然違う人間だ。

 

このように、

 

2代目社長・親の会社を継ぐ後継者になったけど、

辛い・やめたい。

 

と悩んでいるあなたに向けて、

 

「2代目社長・親の会社を継いで辛い」と悩む人に共通する2つのこと。

 

そして、

 

2代目社長・親の会社を継ぐ後継者ならではの問題に悩む人に必要な3つのステップ

 

 

をお伝えしていきます。

 

2代目社長・後継者ってこんなに辛かったけ?

 

私は、2014年に家業であるわくた漢方(株)の

2代目(創業から見れば3代目)として、

親の会社を継ぎました。

 

そもそも親の会社を継ぐなんて、

学生の頃は思ってもみなかったのですが、

 

サラリーマンになり、上司との折り合いが悪くなって以降、

その会社から逃げるように退職し、

親の会社を継いだのです。

 

会社を継いだ当時は、

「これから人生の再スタートだ!」

「これまでひどい社会人生活だったけど、後継者としてこれからは幸せな人生を送るぞ!」

 

と意気込んで仕事に挑みます。

 

ですが、

 

古参の従業員・先代(親)との関係がうまくいかず、

お客様にも軽んじられ、

会社の売上もどんどん落ち込んでいく現実をみて、

 

2代目社長になるってこんなに辛いことなのか・・

自分は社長に向いてないんじゃないか・・・

 

と、

 

どんどん気分は沈み、

自分に自信がもてなくなります。

 

しかし、

 

それから数年経ったある時、

「コーチング」と出会ったことで、

 

私の2代目社長という立場への見方が、大きく変わりました。

 

それはコーチングという

「人間の本質の部分」を学んだことで、

 

2代目社長として、

私に必要だったものが明確になったからです。

 

2代目社長・後継者が悩む2つのこと

 

2代目社長・後継者が抱える悩みは大きく2つに分けられます。

 

それは、

  1. 人間関係
  2. 会社の将来

 

という2つです。

 

2代目社長が悩む人間関係とは、

  • 従業員が自分のいうことを聞いてくれない。
  • 古参の従業員とうまくいっていない。
  • お客様が自分のことを軽んじている。
  • 先代社長(親)との関係性がよくない。
  • 家族の関係がギクシャクしている。
  • 会社内外に相談できる相手がいない。

 

という、「孤独感」

 

そして、

会社の将来性とは、

  • 業績(売上・利益の落ち込み)
  • 会社の方針が定まらない。
  • 会社を変革する方法がわからない。

 

など、

会社の具体的な将来の展望が見えない。

 

ということです。

 

この2つのうちで、

2代目社長・後継者にとって特に重要なものは、

 

1つ目の、

 

「人間関係」

 

です。

 

従業員が2代目社長であるあなたのことを慕い、

先代社長とも良好な関係を築けているなら、

 

会社の方針・具体的なアイデアなどを

議論し、会社をより良い方向へ進めていく方法を

試していくことができます。

 

ですが、

 

あなたが頼れる存在・あなたのことを大切に思ってくれる人が

会社内外にいないなら、

 

あなた自身のアイデアを現実にしていくことや、

会社が一致団結してより良い方向へ進んでいくこともできません。

 

さらに、

従業員やお客様、家族との関係がよくないと、

あなたが「安心できる場所」がなくなってしまいます。

 

「安心できる場所」とは、

・子供であれば両親

・学生であれば学校・友人

・サラリーマンであれば会社・同僚

 

など、

 

あなたが何か失敗をしても

無条件にあなたを受け入れてくれる存在・空間のことです。

 

人が何かチャレンジする。

幸福感を感じるためには、この

 

「安心できる場所」が必ず必要になります。

 

安心できる場所がなければ、

あなたはいつも孤独感を感じ、

 

「自分は誰にも認めてもらえていない」

「自分の今の辛さを誰にもわかってもらえない」

 

と思ってしまうようになるからです。

 

 

だからこそ、

2代目社長・後継者である「あなた」と、

「従業員」「先代」「お客様」「家族」

など、

 

あなたが2代目社長として今の辛い現実から抜け出すためには、

会社内外の人々との関係をより良いものにしていく必要があるのです。

なぜ2代目社長は人間関係で悩むのか?

 

ではなぜ、

 

人間関係がよくない。

頼れる存在がいない。

 

という悩みを2代目社長は抱えやすいのか?

 

それは、

世間一般的な2代目社長・後継者へのイメージと、

「創業者」という存在にあります。

 

2代目社長・後継者の世間的なイメージは、

  • 苦労知らず。
  • 人間的に甘い。
  • お坊ちゃん(親が先代社長の場合)
  • 親の七光り
  • ボンクラ

 

など、かなり厳しいものがあげられます。

 

実際、

私も2代目社長・後継者へのイメージを払拭することに苦労しました。

 

そして、「創業者(先代社長)」という存在ですが、

 

古参の従業員、付き合いの長いお客様などは、

2代目社長であるあなたではなく、

先代社長の「思い」や「価値観」に共感しています。

 

だからこそ、

あなたがどれだけ素晴らしいアイデアや方向性を示しても、

 

先代の頃は・・・という感情が働き、

先代とは違うあなたに「反発したくなる」のです。

 

先代社長自身も、

自分の価値観や方向性を「絶対」と信じているところがあるので、

「自分の思っているやり方や方向性と違うもの」が出てくることを嫌います。

 

このような状態になると、

2代目社長・後継者であるあなたは

 

どこを見回しても敵だらけ

 

という状態に陥り、

 

毎日が辛い・楽しくない。

自分は社長に向いていない。

 

という風に感じてしまうのもしょうがないのです。

 

2代目社長特有の人間関係の悩みを解決するための3ステップ

では、

2代目社長・後継者であるあなたが

人間関係の悩みを解決し、会社内外に

 

「相談できる人」

「あなたが安心できる場所」を創っていくためには、

 

次の3つのステップをクリアしていく必要があります。

 

それは、

  1. あなたが目指す理想の世界を掲げる。
  2. あなたがまず行動し、前に進む。
  3. 進歩を認める

 

という3つのステップです。

 

1.あなたが目指す理想の世界を掲げる

人間関係の問題を解決していく。

 

と聞くと、

コミュニケーションスキルなどを思いつくかもしれませんが、

 

2代目社長・後継者の場合、

古参の社員や先代社長、

お客様があなたに反感を覚える理由は、

 

あなたの話し方や性格の問題ではありません。

 

彼らがあなたに反感を覚えるのは、

あなたが2代目社長・後継者だからです。

 

それはどうしようもないことじゃ・・・

 

と思ってしまいますが、

 

人々は

なぜ2代目社長・後継者に反感を覚えるのかというと、

 

創業者=先駆者・リーダー

2代目社長≠リーダー

 

というイメージを持っているからです。

 

ということは、

2代目社長・後継者であるあなたを

「あの2代目はリーダーだ」

 

と従業員やお客様、先代社長が感じることができれば、

 

自然とあなたの仲間となり、

同じ目標に向かってあなたを助けてくれる存在が必ず現れます。

 

理想世界とは、

 

あなたが2代目社長・後継者として、

 

・会社の将来の姿

・会社の商品・サービスを通してどんな価値を世の中に届けるのか?

・その価値を使ってどんな世の中にしたいのか?

 

これらのことを明確に掲げることです。

 

リーダーは先頭を走る人であり、

「先頭」は目標がなければ誰が先頭なのかわかりません。

 

だからこそ、あなたがまずやるべきことは、

2代目社長・会社のトップとしてあなたが目指す理想を明確に掲げることです。

 

あなたの目指す理想の掲げ方についての詳しい内容はこちら。

家業を継ぐことはなぜ孤独との闘いなのか?

 

2.あなたが行動し、前進する。

関連画像

 

あなたが2代目社長として理想を掲げることができたら、

次にやることは、

 

自分がまず行動し、前進する。

 

ということです。

 

実はこれが2代目社長・後継者として、

あなたの仲間を増やすために一番大事なことです。

 

実は長年人間関係に苦しむ2代目社長・後継者は、

 

仲間を集め、安心できる場所ができてから行動する。

 

という思考をしています。

 

ですが少し考えてみてください。

 

どんな物語の主人公も、

最初はたった1人で自分が目指す世界に踏み出します。

 

私は漫画をよく読むので、

漫画を参考にさせてもらいますが、

 

ワンピースのルフィは「海賊王になる」という

理想を掲げて1人で大海原へ飛び出し、

 

その理想を目指す途中で、

たくさんの仲間や同士が集まります。

 

サッカー漫画、キャプテン翼の大空翼も、最初は転校し、

たった1人でボールを蹴っていますが、

やがて「大会で優勝する」という目標のもとに仲間が集まってきます。

 

彼らの中には最初は「敵」として登場した人物もいますが、

主人公の思いとその行動力に惹かれて仲間になるのです。

 

人は、理想・目標を掲げ、実際に行動している人を、

 

「自分がついていく人」=リーダー

 

だと認識します。

 

どんなリーダー・主人公も最初は1人なのです。

 

仲間を集めてから冒険にでかける。

 

というストーリーは1つもありません。

 

昔話の桃太郎でさえ、鬼ヶ島への「道の途中」で

犬・猿・キジに出逢います。

 

あなたが2代目社長として、

頼れる仲間・安心できる場所を作るために、

 

まずはあなたが1人でも行動することが大切なのです。

 

あなたの行動で周囲の人が変わるということの詳しい内容はこちら。

甘い・勘違い・無能・・2代目社長が世間のイメージの変えるために必要なこと

 

3.進歩を認める

 

あなたが理想を掲げ、

実際に行動に移していけば、

 

だんだんとあなたの周りにいる人たちの

2代目社長・後継者としてのあなたを見る目が

変わってくるのを実感できるはずです。

 

それから大切になることが、

 

進歩を正しく認めてあげること。

 

です。

 

認めてあげる。とは、

 

従業員はもちろん、

あなた自身の進歩も正しく認めてあげる必要があります。

 

あなたの掲げる理想にもよりますが、

ビジネスの世界では、

なかなか「結果」が出ないことも多くあります。

 

しかし、

 

「結果」ではなく

・昨日の自分よりも1歩でも前に進むことができたか?

・数字には見えなくとも、未来をより良いものにするタネを植えられたか?

・以前の自分や会社と比べて、何ができるようになったか?

 

これらを正しく認め、

少しずつ理想に向かっていく自分や仲間を認めてあげなければ、

 

そのうちリーダーとして歩むことが辛くなってしまいます。

 

2代目社長・後継者はリーダーであり、

自分に対して厳しすぎる、真面目な人が多いのが特徴です。

 

あなた自身に対して一番厳しいあなたが、

自分の進歩を認めてあげることが、

 

あなたの理想に向かう上で大切なポイントです。

 

1歩ずつ進む自分を認めることへの詳しい内容はこちら。

家業を継ぐ2代目社長は「小さな変化」を感じれば現状が変わる。

 

2代目社長が理想の世界を築くために

これまで書いてきたように、

 

2代目社長・後継者は他人にはわからないような

人間関係の悩みを抱えがちです。

 

そんな2代目社長・後継者特有の

人間関係の悩みを解決するには、

 

あなた自身が理想を掲げ、

行動することがもっとも大切なことです。

 

特に、理想を掲げるときには、

あなた自身が

 

「これは素晴らしい価値あるものだ!」

 

と思えるようなもの、

 

“あなたの哲学から生まれる理想”

 

を掲げることが必要になってきます。

 

もし、

 

自分自身の理想がわからない。

一体自分はどんな哲学をもっているんだろう?

 

このような悩みのある方は、

是非これからご案内する無料メール講座を試してみてください。

家業は楽しいですか?

ここまでを読んでいただいたあなたは、

ビジネスや人間関係など、

様々なことをすでに学んでいる方だと思います。

 

しかし、それでも

家業の後継者・2代目社長としての

今の自分自身に何か

 

“不安”や”迷い”

あったり、

 

家業について,

 

何か悩みがあるのではないでしょうか?

 

そんなあなたに一つだけ、

質問があります。

 

それは、

 

「家業が楽しい」と心から言えますか?

 

ということ。

 

今回あなたに、

6日間の無料メール講座

あなたにお届けすることになりました。

 

・家業・会社を継ぐ後継者に必要なこと

・ビジネスを円滑に進める知識

・人間関係を改善する方法

 

などを6日間毎日お伝えすることで、

家業を継いだことで生まれる

不安や迷い、悩みを解消するための

 

「人間力」

「ビジネス力」

「マネジメント力」

が身につきます。

 

このメール講座を無料で受講していただくだけで、

 

今まであなたが悩んでいたことを

一気に解決するヒントが見つかり、

家業を天職にすることができます。

 

家業を天職にすることができれば、

 

ビジネスも、

人間関係も、

そして、

あなたの生き方そのものが

より良いものになっていくでしょう。

 

・家業が本当に楽しい!

・家業を継いで良かった!

・家業、そして自分自身の未来が

より良いものになる!

このように確信できる毎日を過ごしてみませんか?

 

6日後にはあなたの人生観・仕事観が

大きく変わっているはずです。

私が考える「家業とは?」

なぜあの人は半年間で変わったのか?受講者様の声

  • 興味はあるけど、具体的にどう変わっていけるの?
  • なんで自分だけの哲学が必要なの?

と疑問に思われた方はぜひ、お読みください。

あなたと家業の未来を変えるためのプログラム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

涌田 義信

【涌田義信】 奈良県生まれ 北海道在住 1988年生まれ 横浜市立大学を卒業後 某大手食品メーカーに就職し、1年半で退職。 その後、祖父の代から続く家庭用医薬品販売会社 わくた漢方(株)で3代目として活動中。 2代目社長・後継者にとって、 この世の中が「ホームグラウンド」になるための情報を発信中。