【クライアントの声】コーチングを受けたらどうなるの?

みなさんこんにちは。涌田義信です。

 

今日は、先日僕のパーソナルコーチング体験を受けてくださったクライアント様の

声をみなさんにシェアしようと思います。

 

  • コーチングって興味はあるけど、具体的に受けたらどうなるの?
  • パーソナルコーチング を受けたら本当に自分は変われるの?
  • コーチングを学んでみたいけど、どんな価値を提供できるの?

 

といった、コーチングを受ける・学ぶ前に誰しもが疑問に思ったり不安に感じる部分も含めて

お伝えしていこうと思います。

 

【クライアントの声】コーチングを受けたらどうなるの?

 

まずは今回のクライアント様の声をご紹介します。

 

このクライアント様は、コーチングに興味を持ち始め、それから10月のセミナーで体験を申し込んでくださった方です。

感想にも書いてくださっていますが、コーチングを受けると

 

なんだかわからないけど、自分はやれる気がする。

 

と思う方が多いのではと感じます。

 

実は、この「なんだかわからないけど」に中に大切なポイントが隠れているのです。

 

コーチングを受けると今まで見落としていたものが見える。

まず、コーチングを受けると

抽象度(物事を見る視点や、考える視点)が高くなり、視野が広がります。

なぜなら、コーチと会話することで、

その人のスコトーマ(心理的盲点)が外れるからです。

 

スコトーマとは簡単に言うと、

今まで脳の働きによって見えなかったもの、

または見えているようで見えていなかったものですが、

話が長くなるのでここでは詳述しません。

 

今まで見えていなかったものが見えるようになった時、

人は自分自身に対して自信が持てるようになります。

 

コーチングとはエフィカシーを上げること。

 

コーチングとはエフィカシー(ゴールに対する自己能力の自己評価)を上げること。

と言われます。

これは、

 

あなたならできる!

あなたなら大丈夫!

あなたにはこんな素晴らしい能力がある!

 

みたいな、アニマル浜口さん的なやり方ではありません。

 

人間のエフィカシーが上がる時は、スコトーマが外れ視野が広がった時、

そしてスコトーマが外れることで今まで自分を制限していたものがなくなった時です。

 

なので、コーチはクライアントよりも高い抽象度で物事を捉え、セッションができるように

勉強と実践を繰り返しています。

 

もちろん、この他にもクライアントのスコトーマを外したり、クライアントが囚われているものから

解放するための気づきを与えるセッションもします。

ですが、コーチングの効果は基本的に

クライアントのエフィカシーをあげて、人生を謳歌してもらうこと。

と考えてもらって大丈夫です。

 

ゴール設定のお手伝いもコーチの仕事

 

最近のクライアントの方で一番多い相談は

 

ゴールがわからない。

ゴールが見つからない。

どんなゴールを設定すればよいかわからない。

 

というゴール設定そのものの話です。

 

コーチングでは、

ゴール設定こそが全てであり、正しくゴールを設定すれば

7〜8割は達成したようなもの。

 

と言われています。

 

ですが、その一番大切なゴールが設定できない・・・

という相談です。

 

ですが僕の見解では、ほとんどの方がゴールは設定できています。

というか、ゴールとなるものを持っています。

 

ですが、どういうわけかそのゴールに気づいていないのです。

 

また、ゴールを設定していてもぜんぜん前に進めない。

という方もいます。

 

この2つのパターン

ゴールに気づいていない。

ゴールを設定してもぜんぜん前に進めない。

 

という方たちのほとんどが

「現状の外側」と「正しい」

という言葉に引っ張られすぎていることが多いです。

 

現状の外側と正しいゴール

 

そもそも、ゴールに

「正しい」という概念は存在しません。

 

どんなゴールであっても、その人が本当に

達成したいのなら、それがその人のゴールです。

 

もちろん、世の中的に良いゴールか悪いゴールかはあるでしょうが、

「正しいゴール」なんてものは存在しません。

あなたがもっとも成し遂げたいこと、なりたい姿がゴールです。

 

そして、「現状の外側」というテーマですが、

これはたしかに現状の外側に設定できれば最もパワーが出るゴールになるのですが

そもそも「ゴール設定をする」という”習慣”のない人にとって

いきなり現状の外にゴールを設定しろと言うのは酷な話です。

 

言うなれば、野球素人に180㎞/hのボールを打てと言っているようなものです。

まずはなんとか打てそうな120㎞/hくらいのボールから始めることが、その人の成長に必要な

ことです。

 

なので、現状の外に引っ張られすぎずに、まずは一番やる気の出る、ワクワクするゴールを設定しましょう。

 

クライアントには”なんとなく”コーチには”確実に”

 

先ほども書きましたが、コーチングを受けるとクライアントの方は

なんかわからないけど、俺いけるじゃん!と思っていただけるのですが、

実はコーチは「あっ今このクライアントさんスイッチ入ったな」

というポイントがセッションで見えています。

 

あっこの言葉でスイッチが入った。

とか

あっいま新しい思考になったな。

 

という確かなポイントが見えます。

 

このポイントを推していくことで、何度かセッションを重ねていくと

クライアントは圧倒的に自分に自信を持って人生を自分の力で切り開いていくことができるようになります。

 

逆に、会話の中で

あれ?今の言葉で表情がかわったぞ?

この思考パターンは変えていかないとまずいな。

 

など、クライアントが自分自身を認められない原因を探って

クライアントの方が自分に自信を持てなくしているブロックを壊すポイントを

探っていきます。

もちろん、最終的にそのブロックを壊すのはクライアント自身ですが、

そのポイントがわからないことが自分に自信が持てなかったり、自分を認められない方の特徴です。

 

なので、クライアントにとってはなんとなくでも、

コーチにとってそれは確実に、または意図的に引き起こしているものなんです。

 

コーチングは受けるべきか?

 

結論から言うと、あなたのゴールから見て必要だと思うなら受けてみても良いのではないかと思います。

ゴール側から見て、別にコーチとのセッションなど時間の無駄だと思う方は受ける必要は全くありませんし、

そもそも自分に自信があったり、自分の力で未来を切り開いていく方はこのブログさえ読んでいないでしょう笑

 

ですが、うまくゴール設定できない、生きている意味を見つけたい、人生の目標を見つけたい。

なりたい姿に、いち早くなりたい。

という方は興味があれば、受けて見られるのも人生を楽しんでいくための1つの方法ではないかな?

と思います。

 

それでは

 

追伸:パーソナルコーチング体験のお知らせ。

 

僕のパーソナルコーチングは基本的に

1回150,000円で行なっているのですが、

12月末までの間、1回5,000円で皆様に

パーソナルコーチングとはどんなものかを体験していただこうと

思い、この体験会を開催します。

 

基本的には北海道内、札幌ですが

東京や大阪でも日程次第では体験を受けていただくことが

可能です。

 

東京日程

12/21(金) 16:00-20:00 限定3名 50分/人

12/23(日)10:00-17:30 限定3名 50分/人

場所 東京都内(お申し込みの方に直接ご案内します。)

東京の詳細はこちら

北海度

日程 相談の上、ご都合に合う日程で実施します。

会場:札幌市内(お申し込みの方に直接ご案内します。)

 

その他の日程をご希望の場合でも、可能な場合があるので

お問い合わせください。

会場が遠くて行けないという方は

Skypeでのパーソナルコーチング体験も可能です。

 

お申し込みの方は

下記のお問い合わせフォームから必須事項をご記入の上

お申し込みください。

 

私が考える「家業とは?」

なぜあの人は半年間で変わったのか?受講者様の声

  • 興味はあるけど、具体的にどう変わっていけるの?
  • なんで自分だけの哲学が必要なの?

と疑問に思われた方はぜひ、お読みください。

あなたの家業の未来に必要なこと

後継者のための無料メール講座配信中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

涌田 義信

【涌田義信】 奈良県生まれ 北海道在住 1988年生まれ 横浜市立大学を卒業後 某大手食品メーカーに就職し、1年半で退職。 その後、祖父の代から続く家庭用医薬品販売会社 わくた漢方(株)で3代目として活動中。