【家業と人生の分岐点】ゴールのない「選択」が危ない理由

みなさんこんにちは。涌田義信です。

 

今日の内容は、

 

・自分の選択がいつもまずい方向に行く。

・何かを変えようともがいているのに、何も変わらない。

・そもそも何を選択すれば良いのかわからない。

という方にむけて、

 

ゴールのない「選択」が危ない理由

 

というテーマについて書いていこうと思います。

 

家業も人生も、人は現状維持を選ぶ

先日は、若者、

つまり家業の後継者のメンタルについて

お話ししました。

【家業を継ぐ】後継者はメンタルが弱いのか?

 

この中で、

最近の若者、後継者は情報や物質が溢れすぎていて

選択肢が無限にあるからこそ選べない。

 

選べないから、自分自身を責めてしまう。

 

ということを書きました。

 

「じゃあ、無理やり何か選択すれば状況は良くなるのか?」

 

と言われると、

実はそうでもありません。

 

単純にAかBのどちらが良いかを比べて選択することは、

実は非常に危険です。

 

なぜなら、

人間は無意識的に、

「現状を維持する」生き物だからです。

 

世の中の女性には、

いつもダメな男を好きになる女性がいますよね?

 

彼女たちは、毎回「次こそは素敵な男性を」

と決意して恋愛に挑みます。

 

ですが、脳が「ダメな男と一緒にいる」という状態を

当たり前だと認識してしまうと、

無意識的に、

次にお付き合いする男性もダメ男を選んでしまうのです。

 

 

これは、

人間のもっとも強力な機能の1つである

「ホメオスタシス」

が影響しているのですが、

 

重要なことは、

 

本人が望んでいないことでも、

脳が勝手に現状維持を選択していること。

 

そして、

本人がそのことに気づいていないこと。

コーチング的に言うと、

その選択をしている理由が、

スコトーマ(心理的盲点)になっている。

 

ということです。

 

毎回毎回、自分は同じような状況に陥ってしまう。

いつも自分は悪い方に進んでしまう。

 

という人は、

自分がいつも悪い選択をしているという事実に

気づけていない人が非常に多いのです。

 

良い選択をするための2つのポイント。

では、いつも間違った選択をしていると感じた人は、

具体的にどうすれば人生が良くなるのでしょうか?

 

その方法は2つあります。

1つは、僕がなんどもブログに書いている、

コーチングにとって最も重要なこと。

 

ゴール設定です。

2代目社長にこそ必要な「素直なゴール」

 

ゴール設定で、選択基準が変わる。

 

なぜゴールを設定すると、

良い選択ができるのでしょうか?

 

それは、

自分で設定するゴールが悪い未来のはずがなく、

そのゴールに向かうための選択になるので、

基準が今までとは変わる。

 

ということです。

 

人生が悪循環に陥ってしまう人の多くは

ゴールが設定できていません。

 

そうすると、何か人生の選択肢が目の前にあったとき、

どうしても人間は

 

リスク回避

ことなかれ主義

ラクな選択

 

を選んでしまいます。

 

これこそ、現状を変えさせない、

ホメオスタシスの効果そのものなのです。

 

ですが、ゴールを設定して、

あなたのゴールに向かうために必要なことを考えれば、

選択基準は今までの現状維持ではなく、

 

ゴールを達成できるかどうか?

 

という基準に変わりますよね?

 

基準が変われば、

今までとは違う選択肢を選ぶことができる可能性が

かなり高くなり、現状を抜け出すきっかけを手に入れることができます。

 

「ゴールを達成した自分」が選ぶ選択をする。

もう1つのポイントは、

ゴール、目標を「達成した自分」をイメージして、

将来の自分が同じ状況になったらどうするか?

 

と今の自分ではなく、

未来の自分が選択することを基準とする方法です。

 

実は、これがめちゃめちゃ大切なポイントです。

 

なぜ大切なのかというと、

 

なんども書いているとおり、

「ホメオスタシス」という名の、

脳の現状維持機能(正しくは、恒常性維持機能)

は人間にとって、生命を維持するための、

とても重要で強力な機能です。

 

ゴールを設定しても、なかなか現状が変わらない。

目標に向かって動けない。

 

という人の多くは、

このホメオスタシスに守られてしまっています。

 

あえて「守られる」と書いたのは、

このホメオスタシスは、

あなたを邪魔しているわけではなく、

あなたを守るために「現状維持」をさせているからです。

 

なので、現状から抜け出すためには、

「今の自分」という選択から1歩抜け出して、

 

「未来の自分」

「ゴール側の自分」

 

が選ぶであろう選択をすれば、

現状ではない、未来を作り出す選択が

できるようになるはずです。

 

未来側の視点で大切な「臨場感」

未来側、ゴール側の自分をイメージする。

という、

一見、簡単そうなことですが、

 

ただ単に、頭の中でイメージすることは実は

意味がありません。

 

スポーツでのイメージトレーニングにも言えるのですが、

「未来のイメージ」を持つうえでもっとも重要なことは、

 

「未来の臨場感」です。

 

つまり、

ゴール側の自分はどんな服をきて、どんな家に住んで、

どんな人間性で、どんなパートナーがいて・・・

 

という具体的なイメージ持つだけでなく、

 

さらに、

「感情」を上乗せすることが臨場感、

リアリティを持つために大切です。

 

このリアリティ、臨場感をもつための方法が

「アファメーション」と「ビジュアライゼーション」です。

家業を継ぐ後継者は自己イメージを高めよう!

 

家業と人生の未来をもっとイメージしよう!

色々と書いてきましたが、

僕が一番言いたいことは、

 

未来をもっと自由にイメージしよう!

 

ということです。

 

未来のイメージをもつことは、

あなたの人生をより良い方法に変えていく、

一番簡単で、一番大切なポイントです。

 

そして、未来のイメージが良いところは、

 

「現状や過去は全く関係ない」

 

ということです。

 

 

自由に、

自分がなりたい姿、

自分が成し遂げたいこと、

自分の理想。

 

これらをイメージして、

未来の自分がもつ選択基準で、

現状を変えていく分岐点を歩んでいきましょう。

 

それでは。

 

 

なぜあの人は半年間で変わったのか?クライアント様の声

  • 興味はあるけど、具体的にどう変わっていけるの?
  • パーソナルコーチングを受けたら本当に自分は変われるの?

と疑問に思われた方はぜひ、お読みください。

あなたが半年間で「自分史上最高の後継者としての自分」を手に入れる

限定10名!特別無料トライアル無料セッション実施中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください