【家業の継承問題】「良い息子」が「良い後継ぎ」とは限らない

みなさんこんにちは。涌田義信です。

今回の内容は

・家業を継ぐために親の会社に入ったはいいが、親に意見できない。

・先代と自分の意見が全く違う。

という家業をつ継ぐ後継者の方や、

・子供に会社を継がせたいが、自分のいうことを聞かなくて困っている。

という家業を継がせたい先代経営者

向けの内容です。

 

上司と部下であり、親子という特殊さ

まず、今回の内容で一番の問題になるのは、

 

自分の上司が、自分の親である。または、部下が我が子である。

 

ということです。

 

単なる会社の上司と部下の関係であれば、

上司の命令に部下が従うことはある意味当然ですし、

大抵の場合、

その命令が不服であっても割り切って行動することができるはずです。

 

逆に、先代の立場になってみても、ただの部下であれば自分の思うように指図をして、

自分の命令に従わせることも、全く躊躇なくできると思います。

 

ですが、ここに「親子」という関係が絡んでくると、

単なる上司と部下の関係ではなくなってしまいます。

 

「仕事は仕事、家庭は家庭」と割り切ってできれば良いのですが、

実際問題として、人間はそんなに簡単に出来事を割り切ることはできません。

 

親子関係が原因で仕事でもギクシャクしたり、

逆に仕事が原因で親子関係がギクシャクする。

 

ということは、

家業を継承していく時に最もよく取り上げられる問題の一つでしょう。

 

親子と会社の上下関係の問題でもっとも多いパターン

 

先にも述べた通り、

親子と上司部下の関係を割り切れていないことでもっともよく聞く問題は、

 

相手が言うことを聞かない。

 

ということです。

 

先代からしてみれば、

子供が自分の指示に反発してくる。

子供の視点でいうと、

親が自分の意見を採用してくれない。

 

という悩みです。

 

では、このような悩みをどのように扱って、円滑に事業を継承していけば良いのでしょうか?

 

親子の観点に絞って考える。

先代が自分の意見を聞いてくれない。

後継(子供)が自分の言うことを聞かない。

 

このような問題に対して、

世間では「会社と家族関係を切り離して考えなさい」

 

というアドバイスをされることがありますが、

はっきり言ってそれは無理ですし、無意味な試みです。

 

なぜなら、

一般のサラリーマンであれば起こらない悩みですし、

万が一、部下が上司の言うことを聞かない。

 

業務に差し支えるほどの反発の仕方であれば、

会社として何らかの対処ができるはずです。

 

ですが、相手が切っても切れない「家族」という関係だから、みんなが困っているのです。

 

 

ただの社員であれば、

会社を辞めてもらうだけで済みますし、

後継者からすれば、

会社をやめればもう2度と会うこともないから割り切って考えられます。

 

ですが、親子で事業を営んだり、継承していく家業はそうはいきません。

 

なので、家業で先代と後継者が揉める問題のほとんどは、

「親子(家族)の問題」として捉えることが解決への道筋です。

 

3回目の反抗期という捉え方。

 

人間が成長していく家庭において、普通は2回の反抗期があると言われています。

 

第一次の反抗期は2−3歳の間で起こるいわゆる「いやいや期」

第二次反抗期が14-18歳の間で起こる、世間一般でいう「反抗期」です。

 

この反抗期はなぜ起こるのか?

 

それは、「自我の確立」、「親からの自立」という精神的な成長のために、

子供に芽生える一種の「自尊心の確立」が根本にあります。

 

世間の親は「うちの子には反抗期がなくて子育てが楽だったわー」なんて言う人もいますが、

本当は反抗期がなければ、その子の「自我」「精神的な自立」は確立されないのです。

 

そして、家業の事業継承の最中に起こる親子(先代と後継者)の間で、

後継者側が見せる反発もその反抗期の1つです。

 

では、精神的に自立しているはずの大人がなぜ反抗期を持つのでしょうか?

 

経営者としての自立

 

第三次反抗期は、「経営者」という後継者(子)にとって、

全く新しいアイデンティティを確立するために現れます。

 

つまり、先代(親)に対して反発を見せることは、

「経営者としての自覚」が芽生えてきた証拠だと言えます。

 

もちろん、ただ単に働かない。すぐにサボる。

というようなものはこの反抗期には当てはまりません。

 

どんな仕事でも、

一生懸命になれない人は経営者として不適格です。

 

ですが、先代の言うことは聞かないだけで、

自分の意見を優先し、自分で決めたことは没頭して取り組む。

 

というタイプの反発は、

ある意味次の経営者としてかなり期待ができる兆候です。

 

たとえそれが、先代から見て明らかに間違っていたとしても、

会社や事業が立ち行かなくなるような損害を被らないのであれば、

後継者側は納得いくまで没頭することが、「経営者としての自分」

を確立するために非常に重要な経験となるはずです。

 

後継者は声をあげよう。

声なきは会社への反逆ー

 

これは、伊藤忠商事の業績をV時回復させたことで有名な、丹羽 宇一郎氏が、

当時の新入社員に対して述べた言葉です。

 

会社に対して意見を言わない人間は、会社を良くしていく気概のない人間であり、

それは会社への反逆と同じことだから、良いと思ったことは積極的に意見を出しなさい。

 

という意味です。

 

まさしく後継者の反発は「声を上げている状態」なのです。

 

それがたとえ間違っていたとしても、声を上げなければ間違っているかどうかさえわかりません。

 

そして、先代と後継者。親と子で意見をぶつけ合うことが、

より良い家業の姿を作っていく足がかりにもなりますし、

親子の信頼関係を本当の意味で深めていくことにつながります。

 

反抗期は親が悪者に見える。

 

ここまで、先代と後継者の関係について、

第3次反抗期というテーマでお話ししてきました。

 

ところで、あなたには反抗期がありましたか?

 

「あった」という人にはわかると思いますが、当時は親が悪者に見えたのではないでしょうか?

 

「親」=「あなたの意見や行動を全て否定する大人」

 

と感じたのではないですか?

 

今も全く同じ状況かもしれません。

 

あなたの経営者としての自覚の芽生えが、

先代(親)に対する反発を生み出しているのです。

 

反発することは決してわるいことではありません。

 

もっとも悪いことは、

 

反発を声に出さないことです。

 

ぐっと気持ちを押し殺して、

先代(親)に意見ができないのであれば、

経営者としてのあなたを確立していく上で、

とても貴重な時期を無駄にしてしまう可能性があります。

 

あなたが声を上げることが、家族として、

経営者としてのあなたの幸せを

もっと高いステージに押し上げてくれるはずです。

 

それでは。

 

不満はあるけど、自分に自信が持てない・・・という方にオススメの記事はこちら!

家業を継ぐならまずは自分を好きになることが大切

あなたが半年間で「自分史上最高の後継者としての自分」を手に入れる

限定10名!特別無料トライアル無料セッション実施中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください