親の会社を継ぐ2代目社長・後継者が精神的に弱くなってしまう理由

みなさんこんにちは。

涌田です。

 

今日の内容は、

・親の会社を継いだけど精神的に辛い。

・自分には先代ほど精神的にタフじゃないから不安だ。

・すぐに落ち込む自分は2代目社長には向いてないのかもしれない・・

 

など、

親の会社を継いだ後継者、2代目社長が精神面で不安を抱えてしまう理由と、

 

精神的な問題を乗り越えて、

素晴らしい2代目としてこれからの人生を歩んでいくために必要なこと

 

をお伝えしていきます。

 

精神的な問題を抱える2代目・後継者の増加

 

気分障害患者数の推移

上のグラフは、

うつ病などの精神疾患患者数の推移です。

 

統計のある平成8年から12年で、

精神疾患を患う人が2倍以上増加しています。

 

このグラフを見ると、

 

2代目・後継者と呼ばれる人だけでなく、

一般のサラリーマンも含めて、

 

精神的に苦しむ人は年々増加傾向にあります。

 

では、

 

なぜ2代目社長・後継者は心を病んでしまうのか?

そして、心を病むまではいかなくても、

 

あの2代目は根性がない。

あの2代目はやる気がない。

 

などと言われてしまうのか?

 

その理由は、

親の会社を継ぐ2代目社長・後継者が、

 

「情熱のタネ」となる、

 

「自分の信念・哲学」

 

を持たずに社会で生活しているからです。

 

心の支えになる「自分の信念」

 

なぜ、あなたが「自分の信念」をもたずに家業を継ぐことが、

精神的に不安定になってしまう原因となるのか?

 

その理由は、

「信念」がなければ、あなたの心はずっと迷子の状態だからです。

 

どういうことかと言うと、

 

人間は「目標」がないと、

 

「自分が今どこにいるのか?」がわからなくなり、

 

不安感を覚えて、精神的に大きなストレスを感じる生き物です。

 

子供の頃は、父親や母親という無意識の目標があり、

彼らのように「大人」になることを目指します。

 

学生になると、〇〇高校・〇〇大学に入学するという目標があったり、

部活などでも、

 

これくらいの成績を納めたい。

 

という目標があることで、

今の自分の成績から「自分の立ち位置」と「進むべき道」を判断します。

 

ですが、

 

社会に出るとと、

「何を目指すのか?」という目標が急に見えなくなってしまいます。

 

目標がなければ、自分が今どこに居て、

どちらに向かって走ればいいのかわかりません。

 

この状態になると、

「このままでいいのだろうか?」

「このままではダメだとわかってるけど、どうしていいかわからない」

 

という精神状態に陥り、大きなストレスを感じるようになります。

 

その結果、

 

心を病んでしまったり、

嘘のような儲け話に引っかかって、人生を破滅してしまうのです。

 

つまり、何が言いたいのかというと、

 

親の会社を継いで、

精神的に辛いと感じる2代目社長や後継者と、

 

精神的にとてもタフだ!

あの人は情熱がある!

 

と言われる人の違いは、

 

メンタルの強さの違いではなく、

 

あなた自身が

 

「こんなことを家業で成し遂げる!」

 

と本気で思える

 

「信念・哲学」

 

を持っているかどうかの違いなのです。

 

その目標・信念は本物か?

 

今までの内容を読んで、

 

「自分には目標がある」

「でも、精神的に追い詰められている・・・」

 

と感じる人もいると思います。

 

そんなあなたに考えて欲しいことは、

 

「あなたの目標・哲学と呼べるものは、

果たして本物ですか?」

 

ということです。

 

本物の目標とは、

 

あなたが2代目社長・後継者として、

親の会社を継いで心から

 

「これを成し遂げたい!」

「この価値を世の中に広めたい!」

 

と思えるものかどうか?

 

ということです。

 

私の知る限り、

親の会社を継いで、精神的に問題を抱えてしまう後継者のほとんどが、

 

「自分で作った信念・哲学ではないもの」

 

を目標に設定しています。

 

その中でも、もっとも多いものが、

 

親・先代社長の信念・哲学をそのまま、

「自分のもの」と無意識に解釈して目標設定している。

 

ということです。

 

2代目社長・後継者は、どうしても先代社長・親の影響を大きく受けます。

 

・会社の社会的価値

・会社にとって重要なこと

・あなたがやるべきこと

 

これら「家業の信念・哲学」の土台になるものを

先代や親から受け継ぎ、あたかもそれが

 

「絶対的なもの」として信じてしまうのです。

 

ですが、残念ながら人は、

「自分で創ったもの」

「自分が好きなこと」

「自分が心から大切だと思えるもの」

 

にしか情熱を持つことができません。

 

人が何か目標を掲げても、

途中で情熱を失い、精神的に辛くなるのは、

 

知らず知らずのうちに、

 

他人の価値観や世の中の常識に影響を受けた

「信念・哲学」を構築してしまうからです。

 

親の会社を継ぐ後継者・2代目社長の場合、

「あなた本来の信念・哲学」を構築することへの1番の弊害は、

 

親・先代社長の価値観

 

なのです。

 

人は物質的なものに価値を見出せない。

 

そしてもう1つ、

あなたが誤った「信念・哲学」を持ってしまう原因となるものは、

 

「お金」です。

 

「お金がたくさんあれば、この辛い状況から抜け出せるのに・・・」

 

と思う方もいるかもしれませんが、

 

あなたの信念・哲学から生み出されるものが、

「お金をいくら稼ぐ」というものになった場合、

 

あなたは自分の目標に情熱を持つことはできません。

 

なぜなら、

 

人は“目に見えるもの”、”物質的なもの”に

情熱を持つことができないからです。

 

子供のころ、貧乏をしていた芸人さんが

お金を稼ぐ!という目標で頑張ってブレイクした例はいくつかあります。

 

しかし、

 

彼らが本当に感じていた「目標」は、

 

貧乏による「恥ずかしさ」「惨めさ」を受けない、

「他人からの羨望」や「不自由感のない生活」です。

 

つまり、

 

人がもっとも情熱を持てる信念・目標は、

 

「自分がどういう精神状態になるか?」

 

ということなのです。

 

人が精神的に充実するための「2つの目標」

 

あなたが2代目社長・後継者として、

 

今の辛い状況から抜け出すには、

2つの観点から信念・目標を設定し、行動していく必要があります。

 

2つの観点とは、

  1. あなたが家業で好きだ!得意だ!と思えること
  2. あなたが思う「理想の世界」とそのためにあなたの家業ができること

 

という2つです。

 

あなたが家業で好きだ!得意だ!と思えること

 

あなたが家業の信念・哲学を設定する時に

まず考えるべきことは、

 

あなたの家業の商品・サービスを使って人にどんな価値を提供するか?

 

ということです。

 

・あなたは自分の会社のどんなところが好きなのか。

・あなたが会社を通じて世の中に対して何ができるのか?

・商品・サービスが人に与える影響。

・あなたの会社が世の中に与える本質的な価値。

 

これらの観点を深く掘り下げることで、

 

「こんな価値を世の中に提供したい!」

「自分の会社のここが素晴らしい!」

 

と感じるものができれば、

 

それがあなたの「家業の信念・哲学」になります。

 

あなたが思う「理想の世界」とそのためにあなたの家業ができること

 

2つめに、あなたが思う「こんな世の中にしたい!」という、

理想の世界を設定することです。

 

ちなみに、

私が思う理想の世界とは、

 

「世の中の2代目社長・後継者のイメージを変えて、2代目社長・後継者が他人から尊敬される世の中」

 

です。

 

そのために、私が家業を継いでから実践したことや

世の中の2代目社長・後継者に役立つことを発信しています。

 

あなたは、どんな世の中が「素晴らしい!」

と思えるでしょうか?

 

心の底から「この状態を変えたい!」と思えるものを考えてみてください。

 

そして、あなたが目指す世界、世の中に、

あなたが継いだ家業・会社が提供できるものはなんでしょうか?

 

あなたが継いだ家業・会社の商品・サービスがもつ価値で、

世の中をあなたが思うより良いものに変えていく。

 

このようなあなたの「家業の信念・哲学」ができれば、

必ずあなたの心に「情熱」という大きな柱が生まれます。

 

情熱の柱を建てて、「あの2代目は変わった!」と驚かれよう。

 

「情熱」という柱はとても強い心の支えになります。

 

人の心の支えになるものは、

「自信」と「情熱」です。

 

そして、残念ながら「自信」という柱は、

過去の結果によって出来上がるのものであり、

状況によって、簡単に折れてし今います。

 

しかし、「情熱」という柱は「未来」に対してできるものです。

 

・家業の価値を世の中に広めたい。

・理想の世界を広げたい。

 

このような情熱だけでなく、

 

・家族を幸せにしたい。

・誰かに認められたい。

 

このようなものも「情熱」です。

 

情熱はたしかに大きくなったり、小さくなったりしますが、

 

あなたが心から出た「信念・哲学」から生まれる「情熱」は、

決して消えることはありません。

 

精神的にタフな人、困難に負けない人は、

必ず「自分の信念・哲学」から生まれる「情熱」を持っています。

 

あなたが今、

 

親の会社を継いで辛い。しんどい。

 

と精神的に追い込まれているのなら、

 

是非、

 

あなたの信念・哲学を構築して、

「情熱」と言う火を灯してみてください。

 

その瞬間に、あなたの周りにいる人たちに、

 

「あの2代目はすごく変わった!」と驚かれるはずです。

家業は楽しいですか?

ここまでを読んでいただいたあなたは、

ビジネスや人間関係など、

様々なことをすでに学んでいる方だと思います。

 

しかし、それでも

家業の後継者・2代目社長としての

今の自分自身に何か

 

“不安”や”迷い”

あったり、

 

家業について,

 

何か悩みがあるのではないでしょうか?

 

そんなあなたに一つだけ、

質問があります。

 

それは、

 

「家業が楽しい」と心から言えますか?

 

ということ。

 

今回あなたに、

6日間の無料メール講座

あなたにお届けすることになりました。

 

・家業・会社を継ぐ後継者に必要なこと

・ビジネスを円滑に進める知識

・人間関係を改善する方法

 

などを6日間毎日お伝えすることで、

家業を継いだことで生まれる

不安や迷い、悩みを解消するための

 

「人間力」

「ビジネス力」

「マネジメント力」

が身につきます。

 

このメール講座を無料で受講していただくだけで、

 

今まであなたが悩んでいたことを

一気に解決するヒントが見つかり、

家業を天職にすることができます。

 

家業を天職にすることができれば、

 

ビジネスも、

人間関係も、

そして、

あなたの生き方そのものが

より良いものになっていくでしょう。

 

・家業が本当に楽しい!

・家業を継いで良かった!

・家業、そして自分自身の未来が

より良いものになる!

このように確信できる毎日を過ごしてみませんか?

 

6日後にはあなたの人生観・仕事観が

大きく変わっているはずです。

私が考える「家業とは?」

なぜあの人は半年間で変わったのか?受講者様の声

  • 興味はあるけど、具体的にどう変わっていけるの?
  • なんで自分だけの哲学が必要なの?

と疑問に思われた方はぜひ、お読みください。

あなたと家業の未来を変えるためのプログラム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

涌田 義信

【涌田義信】 奈良県生まれ 北海道在住 1988年生まれ 横浜市立大学を卒業後 某大手食品メーカーに就職し、1年半で退職。 その後、祖父の代から続く家庭用医薬品販売会社 わくた漢方(株)で3代目として活動中。 2代目社長・後継者にとって、 この世の中が「ホームグラウンド」になるための情報を発信中。