【2代目社長になる】親の会社を継ぐべきかどうか悩むあなたへ

こんにちは!涌田です。

2代目・3代目社長のためのコーチとして活動しながら

ずっと情報発信を繰り返してきましたが、最近ふと思いました。

 

2代目社長になるかどうかで

悩んでる人も多いんじゃないか?

 

ということに。

 

この時代ですから、会社を継ぐかどうか悩むのも無理はありません。

ですが、なぜ悩んでいるのでしょうか?

 

ひょっとして”継ぐべき”か”継がないべき”かで

 

迷ってませんか?

 

え?同じこと繰り返してるだけじゃんって思いました?

実は、この〜する”べき” という言葉が問題なのです。

どういうことかは後でお話しするとして

今日は、

 

親の会社を継ぐべきかどうか悩むあなたへ

 

というテーマで

 

特に、今回は僕が経験した内容も含めて、

「継ぐかどうかを迷ってしまう原因とその考え方」

について書いていこうと思います。

 

あなたが今迷っていることに当てはまるものがあるかもしれませんので、

あなたが今後、どのような道を歩んでいくかの参考になれば幸いです。

 

Case1.親の期待に応えたい

 

まずこれが、僕が会社を継ぐ前に浮かんだ最初の悩みです。

おそらく、親は僕に会社を継がせたいと思っている。

という

 

親からのプレッシャーです。

 

僕の場合は、”おそらく”ではなく、露骨に

継いでいくんだぞ。

という家庭内教育がありましたので、はっきりと

親からのプレッシャーを感じていましら。

 

大学を卒業して、とりあえず外の会社で働いてから

家を継ごうかな〜という考えでしたが、いざ継ぐ前になると

色々と迷いが出てきたことを覚えています。

 

その迷いは後述しますが、

 

まず、継がなければ親との関係がまずくなるかもしれない。

 

という悩みはどう捉えるべきでしょうか?

 

継がせたいのは親の勝手。継ぐのは自分の勝手。

 

アドラー心理学に、

「課題の分離」

という言葉があります。

 

どういうことかというと

f:id:coachmamo:20181007105823j:plain

こんな感じで、例えば馬に水を飲ませるために水辺にやってきた時

水を飲ませようとするのは”自分の課題”で

実際に飲むかどうかは”馬の課題”であり

お互いに相手の課題に侵入してはいけない。

という考え方です。

 

つまり、

会社を子供に継がせるのは”親の課題”

継ぐかどうかは”子供であるあなたの課題”

だということです。

 

いや、そんなこと言っても親との関係が・・・と思ったあなた。

 

もう一度言いますが、

決めるのはあなたの課題です。

 

あなたが継ぎたいかどうか。

 

まずこれが一番大切なポイントです。

 

親が継いで欲しいと言ったから継いだ。

 

では、いつまでたってもその選択に

後悔することになります。

 

なぜなら、

人は自分で決めたことでなければ、

本気で情熱を持つことが難しいからです。

 

まずは、

あなたがどうしたいか。

ここからが問いのスタートです。

 

Case2.食っていけるか不安だ。

あなたが継ぐかどうか迷っているお仕事がどんなものか?

これによっても迷いは生まれるでしょう。

 

それは

将来食っていけるかどうか。

つまりは、会社を存続させていけるかどうか。

 

という不安からの迷いです。

 

現在あなたがどのような立場かわかりませんが、

当然会社を継ぐとなれば、その継いだ会社で

稼いでいくことになります。

 

なので、生涯食っていけるかどうか。

ここで不安になるのは当然ですし、僕も

この部分では大きく悩みました。

 

はっきり言って、

僕が継いだ会社の業態は斜陽産業です。

業界全体としての規模は年々縮小しています。

 

ですが、僕の会社は他と違い利益率は上がっているんです。

客単価も伸びています。

 

会社を継ぐ目的は何か?

 

さてなぜ僕が会社をついで利益率も客単価も上がったのか?

こまかいテクニックやノウハウは抜きにして一番大切なことは、

 

その会社で何をしたいのか?

 

を、明確にしていったことです。

 

つまり、

後継者として

会社を継ぐ目的を明確に持って仕事をする。

 

僕の場合は、

もっと正しい健康・医療の情報を人に届けて、

病院に行かなくてもよい一生を過ごしてもらいたい。

 

という目的を明確にして仕事に取り組みました。

 

これがもし、

売上を上げる。とか、

収入を得る。など

 

目的ではなく

 

手段

 

を優先してしまったら、どんな会社も生き残れません。

 

逆に言えば、

目的を明確にすれば、どんな業界や仕事にも

拡大のチャンスはある。

ということです。

 

もちろん拡大していくのですから

食っていけることはもちろん、

今よりも豊かな生活になることは間違いないでしょう。

 

Case3.今の状況が嫌

僕のクライアントで、過去に東京でサラリーマンをしていた、

3代目牧場経営者の方がいます。

その方に、どうして継いだんですか?

と質問したら

 

偉くもない上司にへこへこしたり、

気に食わない命令に従うのが嫌だったから。

 

という理由だったそうです。

 

そして、牧場を継いでどうですかと尋ねると、

確かに仕事は大変だけど

誰かに指図されない、自分のために自分が考えて行動する楽しさを知った。

 

と、とても生き生きと応えてくれました。

 

後継者として、事業を継ぐ人の中で、

学生からそのまま親の会社に入る人は少ないと思います。

 

大半は、一旦別の会社に就職します。

 

もともと修行として、会社を継ぐための勉強をするために就職する人もいますが、

 

後継者にはならない。

サラリーマンとして生きる。

と決めて就職した人が

何年かして後継者として家業に帰ってくる場合もたくさんあります。

 

彼らのほとんどが、「挫折組」です。

 

言葉は悪いですが、

サラリーマンとして、

会社や上司、

同僚、

働き方、

業界

これらの何かに絶望して、

組織で働くことを諦め、家業を継ぐ決断をしたのです。

 

「逃げるが勝ち」という考え

 

この組織で働くことを諦めて、家業を継いだ人の場合、

心の中に「自分は逃げた」と後ろめたく感じている人も

多いかもしれません。

 

僕もコーチング理論と出会うまでは、

どこか

「自分は組織から脱落した弱い人間だ」

と引け目を感じている部分がありました。

 

ですが、よく考えてください。

 

組織に属さず、自分で歩んでいくことが、

弱い人間のやることでしょうか?

 

むしろ、誰の指示もなく行動できる人こそ、

強い人間じゃありませんか?

 

しかも、今いる組織に違和感を感じるなら

その違和感を大切にしてもらいたいのです。

 

辛いから今の仕事をやめる。

では、なぜ辛いのか?

あなたは、どんな風に生きたいのか?

 

ただ、しんどいから

上司が嫌いだから

ブラック企業だから

 

ここまでしか考えていなければ、

残念ながら、家業を継いでも幸せにはなりません。

 

あなたは、どんな風に生きたいのか?

どんなことを人生で成し遂げていきたいのか。

 

この問いが明確になるまでは

継ぐのは少し待った方がいい場合もあります。

 

それでも辛いなら、走りながら考えよう。

 

あなたは、どんな風に生きたいのか?

どんなことを人生で成し遂げていきたいのか。

この問いは、

人生のテーマ

ともいうべき、大切なものです。

 

おそらく、

サラリーマンをしていたら一生思い浮かばないかもしれません。

 

何か新しいことを始めたい。

または、

何かを終わらせたい。

 

こういう心境になって、初めて考えるものだからです。

 

ですが、考える前に今の状況がつらくて

心身を壊してしまっては元も子もありません。

 

今が死ぬほど辛いなら、まずは逃げましょう。

 

家業を継ぐのか、別の仕事につくのか

それはあなたの自由です。

 

動きながら、あなたの人生のテーマを考えるのです。

 

人生のテーマを”考える”

家業を継ぎ後継者になる。

サラリーマン、組織人として、定年まで勤め上げる。

自分で起業して、新しいことを起こす。

 

どれを選ぶかは、あなたの自由です。

 

親との関係も、あなたの課題ではありませんし、

家業を継ぐ目的が儲けるためなら、おそらくそれは失敗します。

そして、嫌だから逃げるだけの人生なら、おそらくまた嫌なことを目にしたら

そこから逃げることになります。

 

では、どうすればいいのか?

 

それは、先ほども述べた

人生のテーマを考えることです。

 

あなたは、どんな風に生きたいのか?

どんなことを人生で成し遂げていきたいのか。

 

大事なことは、

考えること

です。

人生のテーマは、突然、天から降ってくるようなものではありません。

 

日々考えて、考えてやっと見つかるのです。

僕も家業をついで3年ほどたって、コーチング理論と出会って

やっと人生のテーマを見つけることができました。

 

人生のテーマが見つかってからの毎日は

とても充実したものになっています。

 

今日のブログを読んで

あなたの人生のテーマを考えるきっかけになれば幸いです。

 

それでは。

 

追伸:パーソナルコーチング体験のお知らせ。

 

僕のパーソナルコーチングは基本的に

1回150,000円で行なっているのですが、

12月末までの間、1回5,000円で皆様に

パーソナルコーチングとはどんなものかを体験していただこうと

思い、この体験会を開催します。

 

基本的には北海道内、札幌ですが

東京や大阪でも日程次第では体験を受けていただくことが

可能です。

 

東京日程

11/9(金) 15:00-20:00 限定3名 50分/人

12/21(金) 15:00-20:00 限定3名 50分/人

場所 東京都内(お申し込みの方に直接ご案内します。)

 

北海度

第1弾:10/26(金)〜11/7(木)まで

第2弾 12/11(火)〜12/27(木)まで

会場:札幌市内(お申し込みの方に直接ご案内します。)

 

その他の日程をご希望の場合でも、可能な場合があるので

お問い合わせください。

会場が遠くて行けないという方は

Skypeでのパーソナルコーチング体験も可能です。

 

お申し込みの方は

下記のお問い合わせフォームから必須事項をご記入の上

お申し込みください。

なぜあの人は半年間で変わったのか?クライアント様の声

  • 興味はあるけど、具体的にどう変わっていけるの?
  • パーソナルコーチングを受けたら本当に自分は変われるの?

と疑問に思われた方はぜひ、お読みください。

あなたが半年間で「自分史上最高の後継者としての自分」を手に入れる

限定10名!特別無料トライアル無料セッション実施中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください