家業を継ぐ私のプロフィール

涌田義信(わくた よしのぶ)

奈良県生まれ 北海道在住

1988年生まれ

横浜市立大学を卒業後

某大手食品メーカーに就職し、1年半で退職。

その後、祖父の代から続く家庭用医薬品販売会社

わくた漢方(株)で3代目として活動中。

他者が廃業や倒産していく斜陽産業である置き薬業界で、過去最高の売上を更新中。

お客様が本当に求めているものを見つけ、

情報化社会の中で伝統産業である富山の置き薬の良さを北海道から各地に発信している。

 

私が家業を継ぐ前と、継いでからの人生

 

◼️2011年、カゴメ株式会社に入社するも、仕事の楽しさがわからず悩み続ける日々を送る。

◼️2012年夏、父の体調の関係でここぞとばかりに退社を決意。

すぐに家業を継ぐことなく、単身南米のボリビアに学生時代自分が得意だったバレーボールのボランティア指導員として

渡る。

◼️2013年秋、家業の置き薬屋を継ぐための修行を他社で開始。

◼️2014年秋、家業である「涌田漢方株式会社」に入り、北海道へ移住。

 

しかし、その後「時代」の流れにあわない家業に対してもどかしさと、絶望を味わう。

売上は北海道に移住後みるみる低下。

 

医者の言いなり、薬漬けになっている、人々を目の前に何もできない自分への怒りと、

一軒一軒各家庭を回るという時代の流れに逆らうようなアナログな仕事では

このまま廃れて廃業してしまうのではないか?と悩み続ける日々。

 

 

◼️2015年、友人の整体師と意気投合し「日本の医療を変えたい!」という思いにかられる。

◼️2016年にはその友人とスタートアップ企業の創業し、取締役に就任。

アメリカでは常識的に取り入れられているコーチングと出会う。

コーチング理論を駆使した社内管理を実施し、

創業2年目にして従業員一人当たりの年間売上を1200万円に伸ばす。

◼️2018年9月に取締役を退任。

自分は家業をもっともっと盛り上げて世の中に貢献できる!と確信し、

祖父の代から続く家庭用配置薬の3代目として活動する中で、

人々が健康で幸せに生きるために必要な「心」の問題に取り組むことを決意。

 

最先端の機能脳科学や、認知心理学、大脳生理学をもとにしたコーチング理論に、

カウンセリング理論と近年急速に進歩を遂げたパーソナリティ理論、

さらに心理学を学び、それらを組み合わせた独自の理論をもとにしたセッションで、

人々の「心」の課題を解決するために活動中。

 

家業を継ぐ2代目社長として人生を送るあなたへ。

 

このページは、

  • 家業を継いでこれから生きていくと決めた人。
  • すでに後継者として毎日を送っている人。
  • 家業を継ぐと志したは良いけども、人知れず悩みがある方。
  • 後継者としての悩みを誰に相談しても、解決できていない人。

 

そんなあなたに僕が家業を継いで学んだことをお伝えしていくページです。

 

家業を継いで生きていくことは、世間が思っているよりも実は厳しい世界です。

 

なぜなら、後継者は

 

1人の人間であり

家族の一員であり

会社の経営者であり

先代と比べられる

 

このように、

普通のサラリーマンや経営者では考えられないような仕事と人間関係の中で生きている。

そんな存在だからです。

 

先代社長との亀裂や、価値観の違い。

斜陽産業として、今後の事業への悩みや不安。

先代だけでなく、そのほかの家族との関係。

先代の頃からの、古参従業員との関係。

 

後継者としての悩みや不安は人それぞれです。

 

そして、それは「後継者」という生き方とは縁のない他人にはわからない悩みかも知れません。

 

もし、あなたの悩みを解決できる場所があるとすれば?

 

こんなに嬉しいことはありませんよね?

 

 

実は僕もあなたと同じように、後継者として日々を歩んでいます。

僕の業界は、江戸時代から続く「富山の薬屋」に代表される置き薬という業界です。

 

僕自身、以前は先代との関係や、自分の会社の将来について深く悩んでいました。

 

ある1つのことに気付くまでは。

 

そのことに気付くまでは、友人と別の会社を起業してみたり、ビジネス書や自己啓発本を読み漁ったりと、

自分の業界と、先代である「親」を否定するような生き方をしていました。

 

ですが、その1つのことに気づいた時から、僕の後継者としての人生は大きく変わっていきました。

 

それがなんなのか?どうして、それに気付くことができたのか?

 

そのことをお話しする前に、あなたの悩みが一体どんなものなのか。

その原因は何なのか?

もっと深く理解する必要があります。

 

あなたが自分の悩みを深く理解した上で、僕のブログを読んでいただければ、

あなたが悩んできたことが、たった5分で解決できるかもしれません。

 

「家業を継ぐ悩み」の源

 

後継者の悩みは、全て1つの原因から生まれています。

それは、

 

他人との関係、つまり人間関係です。

 

という原因です。

 

先代との関係(親子関係)や従業員との関係ならわかるけど、

自分の能力や会社の経営、業界全体の悩みは違うんじゃない?

 

あなたはそう思ったかも知れません。

 

そこで、それぞれの悩みについて見ていきましょう。

 

先代との関係(親子関係)の悩み

 

これは間違いなく、他人との関係から生まれてくる悩みです。

親子や家族など、どんなに親しい関係であっても、あなたとの関係では「他人」であることに違いありません。

 

しかし、先代や家族との関係は友人や恋人とは違った側面があります。

それは「信念」が近いものであるということです。

 

人の信念(思考パターン)は基本的に10代までに作られると言われています。

さらに10歳くらいまでの幼少期は他人からの言葉をスポンジのように自分に対する言葉として脳が吸収し、

無意識に、その言葉が自分自身だと思い込んでいくのです。

 

これがその人のいわゆる「アイデンティティ」となります。

 

つまり、幼少期や、10代の間に長い時間を共にした親や家族の信念をあなたが吸収する可能性は非常に高く、

あなたのアイデンティティは親のアイデンティティと似ていることがほとんどなのです。

 

これは発達心理学でも証明されています。

 

親とは考え方が全然違うし、一緒にされたくもない!

 

という風に感じた方もいるかも知れませんが、

人は自分と近いアイデンティティを持った人間に対しては、

自分とは全く異なるアイデンティティを持っている人に比べて「好き・嫌い」がはっきりとわかれます。

 

「好き」という状態になれば、先代である親や家族との関係は非常に素晴らしいものになりますが、

逆に「嫌い」という状態になると、とことん相手を憎んだり嫌な部分が目につくようになるのです。

 

脳科学では「人は見たいように見る」と言われています。

つまり、一度先代(親)や家族を嫌いになると、相手の嫌な部分がどんどんと見えてきて、

良い部分が全く見えなくなってしまうのです。

 

家業の後継者である以上、先代(親)や家族との関係は非常に重要です。

親や、家族との関係を変えていくためにもあなたはまず、「相手の良い部分」を見るために、

自分自身を変えていくことが近道かも知れません。

 

従業員との溝

 

これも、まさしく他人との関係です。

 

ですが従業員との関係の場合、

 

あなたの信念よりも、あなた自身の自分へのイメージが大切です。

 

どういうことかというと、

あなた自身が「家業を継いだ人間」という自分像を作っていることを相手が感じ取ってしまうわけです。

 

実際にあなたは家業を継いだ「後継者」なのですが、

人間は、「フォロワー」つまり、その人にとってリーダーではない人を軽んじてしまう性質があります。

 

「後継者」とは、まさしく「事業の後を継ぐ人」なのですが、

あなたが自分を「リーダー」・「会社のトップ」ではなく、

「事業を継いだ人間」として考えているから相手はあなたを軽んじてしまうわけです。

 

従業員との関係を良好なものにし、あなたが事業のトップとして人をまとめていくのであれば、

「自分はリーダーである」という確固たる自分像を作り上げ、人に示していく必要があります。

 

事業への不安

 

では、世の中での自分の業界の将来や、今後の事業に関する悩みは「他人との関係」なのでしょうか?

 

答えはもちろん「Yes」です。

 

事業を展開していく上で、「世の中」というものは切っても切り離すことはできません。

 

では、「世の中」とは一体なんなのでしょうか?

 

それは「人の集合体」であり、「たくさんの人の動き」です。

 

無機質なもののように思える「世の中」「社会」「時代」というものは、全て人が作り上げていきます。

 

業界や事業の今後の展開や将来を考える時、この「世の中」「社会」「時代」という、

たくさんの人の動きが作り出す「流れ」の正体を見定めトップとして決断していく必要があります。

 

つまり、世の中の動きであろうと、1人の顧客であろうと、1つの会社であろうと、

あなたと、あなたの家業の動き方を決めていく上で「他人」と「自分」の関係は切っても切り離せないのです。

 

「世の中」とは「人」である。

 

という視点を理解し、家業に落とし込むことができれば、どんな世の中になろうとも、

「世の中の求めるもの」「人が求めるもの」をあなたは事業を通じて提供し、

世の中、社会、人から求められる存在となっていくのです。

 

家業を継ぐ悩みの全ては解決できる

 

以上のように、家業の後継者が抱える悩みは全て「他人との関係」つまり、人間関係から生まれます。

 

その他にも、いざ家業を継いで、トップとしてどのようにあなたが生きていくべきか?

ということも人間関係がベースになってきます。

 

 

僕自身、このことに気付くまでに何年もかかりました。

そして、この後継者としての悩みを全て解決する方法を確立していく上で外せないものが、

 

コーチングとの出会いです。

 

コーチングは、最先端の認知科学(機能脳科学、認知心理学、計算言語学、分析哲学)に基づいて開発された、

科学的根拠に基づいた実践的な理論です。

 

科学的根拠に基づいているということは、正しく使えば誰しもが今よりも自分の可能性を引き上げ、

現状を大きく飛躍させる力を持っているということです。

 

「願えば叶う」というような、引き寄せの法則やスピリチュアル系のものとは全く違い、

あなた自身が成長していくための、最先端のツール(道具)なのです。

 

コーチングと出会い、その理論を吸収するまでに約3年の時間がかかりました。

 

今では、後継者として自分自身の幸せと、家族の幸せ、そして自分に関わる全ての人の幸せを叶えるために、

毎日楽しく前進しています。

 

最後に、

コーチングを学んで、僕の人生がいかに変わっていったのか?

 

その経験をあなたに共有することで、あなたの後継者の生き方がより良いものになれば幸いです。

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

僕は自分の理論を確立するまでに何年もの時間を要しました。

 

ですが、自分と同じような悩みを持つ人は1秒でも早く、何か解決策が欲しい!

と、毎日必死に努力されていることを僕は知っています。

 

なぜなら僕自身もそうだったからです。

 

僕のブログを読んで、あなたの悩みを解決し、

あなたが自ら今の状況を打開するきっかけになればと思います。

 

それでは。