人生のゴールが見つからないあなたに伝えたいこと

こんにちは!涌田義信です。

最近めっきり寒くなってきた北海道から今日もブログを書いています。

 

コーチング理論では

 

ゴール設定が大切。

 

ともう耳にタコができるくらい言われているわけですが、

 

けっこう、このゴール設定でつまづく方が多いことが最近わかったので、

 

「あなたがなぜゴールを設定できないか。」

 

その理由として考えられることと、

対策についてお話ししていきます。

 

人生のゴールが見つからないあなたに伝えたいこと

 

まず、大前提としてどんなゴールが良いか?

という明確な答えはありません。強いて言えば、

 

あなたが本当にやりたいこと。があなたにとって正しいゴールとなるわけですが

 

この

 

本当にやりたいことが見つからない。

 

という方が非常に多いようです。

実は僕自身も、コーチングを学ぶ前までは自分のやりたいことってなんだろう?

 

と自問自答する毎日でした。

しかし、ゴールが設定できない2つの理由に気づいたことでゴールが決まり、

今は人生の迷子になっている人の道案内人として活動しているわけです。

 

では、ゴール設定を妨げている2つの理由について、

お話ししていきましょう。

 

理由① 他人の人生

 

まずゴール設定ができない人の大部分が

 

今、自分で決めた人生を送れていない。

 

ということがあります。

 

電車に例えるなら、

自分が行きたい駅に線路が通っていない。

という状況です。

 

首都圏以外の方にはわかりにくいかもしれませんが横浜に行きたいのに、

山手線に乗っていてはぐるぐると線路を回るだけで永遠に目的地にたどり着けないわけです。

 

こういう人は

 

親の期待に応えなければならない。

人を裏切ってはいけない。

自分は真っ当に行きなければいけない。

 

というような、

世間一般では、真面目と褒められるような人たちです。

 

確かに、周囲は真面目な人のおかげで色々と恩恵を受けているでしょう。

自分の期待に応えてくれるあの人は素晴らしい人というかもしれません。

 

しかし、当の本人からしてみれば

 

何か違う。

 

という感覚がだんだん湧いてくるのです。

 

しかし、真面目な人はなかなかこのレールから抜け出すことができません。

 

なぜなら、他人と違うことをすることは

良くないことであり、

自分の評価が下がってしまう。

と感じるからです。

 

真面目な人ほど、ゴールを設定することができないのは、

自分の求めていることを追うという思考や行動ができていないので、

だんだんと

 

自分の本当の欲求が見えなくなってくるのです。

 

理由② 囚われている。

 

2つ目の理由は目の前のことに囚われている場合です。

お金、人間関係、地位、仕事など目の前の出来事にフォーカスしすぎるあまり、

 

自分のゴールを見ようという感覚がなくなっている、

または、見えなくなっている状態です。

 

何かに囚われている人のほとんどは

囚われているもの=人生において絶対的なもの

だと勘違いしています。

 

仕事がなくなると明日から何をしていいかわからない。

お金がなくなると行きていけない。

今の人間関係が壊れたらどうしよう。

など、現状にしがみついている状態です。

 

ゴールを設定する時に必要なものは未来からの視点ですから、

現状に縛られている、しがみついていればゴールが見つかりませんし、

たとえゴールがあっても、いつの間にかゴールが頭から消えてしまうような状態に陥ってしまいます。

 

理由別 ゴールを設定するためにやった方がいいこと。

 

ゴールが設定できない人の原因として

  1. 他人の人生を歩んでいる
  2. 目の前のことに囚われている。

 

ということをお伝えしましたが、これからはそれぞれの原因別に、ゴールを設定できるよう、

その原因を取り除く方法をご紹介します。

 

1.他人の人生を歩んでしまう人がやるべきこと

 

他人の人生を歩みがちな人は真面目な人がほとんどです。

 

真面目な人の特徴として

  1. ルールを守る
  2. 人の目が気になる
  3. バカになれない

 

ということが挙げられます。

 

真面目な人は、他人からの評価を軸にしがちなので人と違うことや、他人に笑われることに耐えられないのです。

 

ここでお伝えする方法は少し過激かもしれませんが、

そこはあなた自身でレベルを調節して試してみてください。

 

他人の人生から抜けだす方法① ルールを破る

 

まず、1つ目は

これって必要か?みたいなルールを破ってみることです。

倫理的にやってはいけないことはもちろん存在します。

人を殺してはいけない、騙してはいけないなど、人としてやってはいけないことはさておき、

 

飲み会では、相手よりグラスを下げる。

とか

上司より早く帰ってはいけない。

 

など、このルールってなんだ?という

世の中で不必要な決まりごとってたくさんありますよね?

 

その1つをあえて破ってみる。

という方法です。

 

とくに、

会社の暗黙のルールや、仲間内でのルールなど

明文化されていない、別に守らなくても良いルールを積極的に破ることで、

あなたが他人にいかに縛られていたか?ということに

気づくきっかけになります。

 

他人の人生から抜けだす方法② 今は誰の人生か?を考える。

 

真面目な人は、自分以外の誰かの人生を歩みがちです。

進学先や就職先、ひどい場合には結婚まで、誰かの期待に応える(その時はそれが良いと思っていても)

決定をしていた場合が多々あります。

 

なぜ自分は今の人生を歩んでいるのか?

今の人生は誰かのレールを走っていないか?

 

を考えることで、自分が乗りたかったレールとその先にあるゴールに気づくきっかけになります。

 

2.囚われている人がやるべきこと

 

何か目の前のことに囚われている人がやるべきことははっきり言って1つです。

それは、

 

囚われているものを探す。

 

ということです。

囚われていることさえ自覚できていない場合がありますので

 

これは結構難しいかもしれません。

そして、囚われているものが見つかったら次にやることは

 

それを手放すこと。

 

を試してみてください。

 

その囚われているものがお金だろうと、仕事だろうと、家族や友人関係だろうと、

 

手放すことは、前に進むことです。

それを手放せば人生が終わると思う人もいるかもしれませんが、

 

ほぼ100%、囚われてるものを手放した人の方が幸せになれます。

 

なぜなら、何かに囚われている人は抽象的な思考ができない。

コーチング的に言えば、

 

スコトーマが非常にたくさんある状態なので

幸せを感じる部分が少ないのです。

 

ですから、あなたが何かに囚われている時は、その囚われているものを探して手放すだけで、

まずは今よりも幸せになれます。

 

ゴールを設定で、人生は100%楽しくなる。

 

いかがでしたでしょうか?

何かあなたにも当てはまっている部分はありましたか?

 

コーチングではゴール設定が

人生の幸福の7割を占める重要な部分だと

言われています。

 

なぜかというと、

ゴール設定ができる人は

  1. 他人の人生を歩んでいる
  2. 目の前のことに囚われている。

 

この2つから解放されているからです。

 

逆に言えば

自分の人生を、何かにとらわれることなく生きることができているからです。

 

これは間違いなく幸せな状態ですよね?

 

自分の今の状態に不満がある。

ゴールが見えない。

 

そんなあなたに、今日の内容が少しでも参考になれば幸いです。

 

 

なぜあの人は半年間で変わったのか?クライアント様の声

  • 興味はあるけど、具体的にどう変わっていけるの?
  • パーソナルコーチングを受けたら本当に自分は変われるの?

と疑問に思われた方はぜひ、お読みください。

あなたが半年間で「自分史上最高の後継者としての自分」を手に入れる

限定10名!特別無料トライアル無料セッション実施中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください