女性こそ家業を継げば人生が豊かになる理由

みなさんこんにちは。涌田です。

今日のテーマは、

 

女性こそ家業を継げば人生が豊かになる理由

 

として、

 

  • 家業を継ぐかどうか迷っている女性
  • 子供が女性ばかりで家業を今後どうするか迷っている人
  • 旦那が家業を継がないのでこれから自分が家業をやっていこうと思っている女性

 

に向けた内容です。

 

ゴリゴリのビジネスの時代は終わった。

ここ最近、「きらきら女子」と言われる女性の起業家や、

「女社長」と呼ばれる女性の存在が多くなっていきています。

 

一昔前であれば、

 

男が仕事をして、

女は家庭に入る。

 

という考え方が当たり前でしたが、

だんだんと女性の社会進出が進み、

 

今では、

女性がトップとなって会社の舵取りをすることも

珍しくない時代です。

 

もし、あなたのご両親が家業を営んでいて、

自分が家業を継ごうかどうか悩んでいるのであれば、

 

家業を継いで人生を豊かにしていくことをお勧めします。

 

なぜなら、

これからの時代は今までのように、

 

「シェアを奪い合う、No.1を目指すゴリゴリのビジネス」

ではなく、

 

「比べられない、豊かに生きるためのビジネス」

が主流になってくるからであり、

そのビジネスを成功させやすいのが女性だからです。

 

なぜこんなことが言えるのかというと、

今の日本では、

 

「必要とされる人」

「憧れられる存在」

 

の定義が変わってきたからです。

 

「女性性」が必要な時代が来た!

ここで、心理学における

「男性性」と「女性性」について少しお話をします。

 

「男性性」とは、

  • 収入は多ければ多いほど良い
  • No.1を目指す、地位や名誉を重んじる
  • 自分の考えを貫く、押し通す

 

という「男性」としての象徴のような気質です。

 

対して「女性性」は、

  • 収入よりも自由と責任のバランスが大切
  • 地位や名誉ではなく、オンリーワンの存在を目指す
  • 自分だけでなく、全体の調和を大切にする。

 

という、「女性」を象徴する気質のことです。

 

人は、この「男性性」と「女性性」の両方を持っています。

 

一般的に、

男性の方が男性性が高く、

女性は男性性が低く、女性性が高い傾向にあります。

 

もちろん、

男性であっても女性性が高い人はいますし、

女性であっても男性性の高い人はいます。

 

僕はどちらかというと、

男性性の強いタイプだと思っていますが、

 

これから家業を営んでいく上では、

「女性性」である、

バランスと調和、そして比べられないことが大切です。

 

テレビのCMや広告でも、

最近は「〇〇でNo.1」といった広告や、

「業界第1位」というキャッチコピーより、

 

自分たちの信念や、

キャラクターを前に押し出したものが多いのも、

「オンリーワンを目指す」という、

「女性性」が人々に受け入れられるからです。

 

先ほども述べた通り、

女性はこの「女性性」の気質が、

男性よりも自然と高い傾向があります。

 

だからこれからの時代で、

家業や何かしらのビジネスをしていく上では、

女性の方が潜在的に男性性が強い男よりも有利なのです。

 

 

逆に、男は、

自分の女性性をうまく使って家業やビジネスを営んでいくことを

意識しなければ、

競争に巻き込まれて、精神的に苦しい状況になってしまいます。

 

家業は全くの素人だから不安だというあなたに

家業を継ぐかどうか迷っているあなたの最大の不安は、

「家業に対する知識と経験不足」

または、

その不足からくる「将来への不安」ではないでしょうか?

 

「知識と経験不足」と「将来への不安」という2点は、

男性も女性も関係ないのですが、

どちらかというと、女性の方が解決しやすいと思います。

 

 

なぜなら、女性性の1つの特徴である

 

「調和」「バランス」が、

あなたの不安や悩みを解決してくれるからです。

 

男は、どうしても知識不足や経験不足を

自らの努力で補おうとします。

(これは男性を貶めているわけではなく、

あくまで傾向として)

 

これは実はとても危険で、

努力で補うことはとても時間がかかりますし、

「独りよがり」になってしまう可能性があります。

(自分はこれがいい!と思っていても、

世の中がその価値をわかってくれないなど)

 

対して女性は、

自分の知識不足や経験不足を補うために、

「人」を使って、

自分の足りないところを補う傾向が強いのです。

 

経営がわからなければ、

誰かわかる人を頼ったり、

 

技術的なことがわからなければ、

長年の経験がある社員を頼ることで、

自分の足りない部分を補うのです。

 

そうすることで、

 

自分と他の人という「2つの視点」から、

物事を判断できるので、

状況や判断を見誤る可能性が低くなり、

ビジネスでの「ミス」が少なくなります。

 

家業を継ぐ=自分一人でやらなければいけない!

 

という思い込みがあるかもしれませんが、

 

誰かを頼って家業を進めていく、

誰かと協力して家業を営んでいくことこそ、

これからの時代には重要な視点なのです。

 

 

女性が家業を継ぐと自由になれる。

さらに、

女性が家業を継ぐことが良いと思える理由はもう1つあります。

 

それは、

「自由が増える」ということです。

 

女性性の中の「バランス」には、

仕事=家業と、自分の時間のバランスも含まれます。

 

趣味や友人との時間であったり、

家族や子育ての時間も人生にとって重要なパーツです。

 

これが、企業に勤めていると、

勤務時間の拘束や、様々なしがらみで、

自分の思うようにいかないことが多々あります。

 

ですが、

家業を継ぐことで「仕事の時間」や、

「やらなければいけないこと」は、全て自分が主体的に決められるので、

自由に自分の人生をコントロールすることができます。

 

これは男性にも言えますが、

 

会社や仕事の関係で、自分の人生を生きられていない。

と感じる人が日本には溢れているのです。

 

会社や仕事に縛られる人生が果たして幸せなのか?

 

と僕は思ってしまいます。

 

それなら、

「家業」というすでにある船を

自分が思うようにカスタマイズして、

自由に人生を進んでいく方が、

よっぽど人として幸せになれると思いませんか?

 

家業を継いだ人が「女性性」で気をつけるべきポイント

以上のように、

「女性性」はこれからの時代にとても有効な要素です。

 

ですが、この女性性を使って家業を営んでいく上で、

1つ気をつけていただきたいポイントがあります。

 

それは、「女性性の負の部分」です。

 

他人との調和を大切にできる女性性は、

その反面、強くなりすぎると「依存」になってしまいます。

 

誰か他の人や、他のものに依存してしまうことは、

主体性を損ない、自分で何も決められなくなることです。

 

これでは、

家業も人生も豊かにすることができません。

 

自分は女性性が強いかもしれない。

 

と思われる方は、

 

「バランスを大事にしつつ依存しない。」

 

ということを心がけてください。

 

女性も男性も「家業」を使って人生を豊かにしよう。

 

書いてきた通り、

これからはバランスと調和、オンリーワンを目指していく時代です。

自分が生きたい生き方ができ、自分自身が主体的に人生を歩んでいく。

 

そのために、「家業を継ぐ」という選択肢はとても魅力あるものだと思います。

 

もちろん、

1番になりたい!というような「男性性」を前面に押し出して

家業を営むことも可能です。

 

序盤でもお伝えしましたが、

人間は全員が「男性性」と「女性性」の両方を兼ね備えています。

 

どちらかが強く、どちらかが弱い。

 

という相反的な関係にあるだけです。

 

女性であっても、

あなたの中にある「男性性」を使って、

リーダーシップをとっていく必要があるかもしれません。

 

あくまで、傾向として「女性性」が必要とされる時代であり、

社会的なニーズは確実に高まっているということです。

 

もし、あなたが家業について何か迷われていることがあるなら、

是非、

「自分が人生において大切にしたいもの」と

「家業」が繋がるのかどうか、

考えてみてください。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

家業が比べられないことが大切な理由について詳しくはこちら

⬇︎

家業を継ぐなら「比べられない」ことが大切な理由

あなたが半年間で「自分史上最高の後継者としての自分」を手に入れる

限定10名!特別無料トライアル無料セッション実施中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください