家業とは何か?について実際に家業を継いだ30代が改めて考えた

みなさんこんにちは。涌田です。

 

今日は、

 

・家業ってどういうものなの?

・家業を実際に継いでどう思った?

・家業で私が大切にしていること。

 

という内容について、

 

“家業とは何か?について

実際に家業を継いだ30代が改めて考えた”

 

というテーマでお伝えしていきます。

家業を継ぐ私のプロフィール

 

家業を一言で表すと

 

家業

 

という言葉を聞いて、

あなたはどのような印象を受けますか?

 

wikipediaによると、

 

家業とは

一般的には、家族によって継承される一定の生業。

この意味の家業は世界のあらゆる時代、

あらゆる地域にみられる概念である。

と書かれています。

 

つまり、

 

親やその親など

あなたの先祖が代々受け継いできた

「仕事」のことを世間では家業と呼びます。

 

しかし、

 

辞書やwikipediaに書かれている内容は、

家業の本質を伝えていないと私は思うのです。

 

実際に家業を継いだ私が思う

家業とは、

 

あなたが自分の信念、哲学、

 

これが価値あるものだ!

 

という

 

家業の後継者であるあなたが考える

 

「理想の将来」

「理想の人生」

「理想の自分像」

 

これらを体現していくための

「大きな力をもったツール(道具)」である。

 

ということです。

 

家業には”人生を大きく変える力がある”

家業がなぜ

 

あなたの理想を体現する

大きな力を持つツールとなるのか?

 

それは家業が、

 

現代人がもっとも理想の自分を表現できる

 

「仕事」

 

という人生の大半を占めるものだからです。

 

そして仕事としての

家業には大きな2つの特徴があります。

 

それは、

 

家業が「起業」という

0からのスタートではない。

 

ということ。

 

そして、

 

家業はあなたが主導権を握るものであり、

サラリーマンとして誰かの指示に従うものではない。

 

という特徴です。

 

家業を継ぐことと、起業の違い

 

自分の理想の人生を体現する。

 

信念をもって世の中にあなたが

これは価値がある!と思えるものを提供する。

 

仕事でこれらを達成するための1つの方法として

「起業」があります。

 

自分自身の信念、哲学に従って

0から何かをスタートさせることは

とても尊いチャレンジです。

 

ですがこの、

 

0から1を作ること

 

というチャレンジはとても難しいものです。

(だからこそ尊いのですが)

 

家業を継ぐ

 

ということは、

その点で起業とは大きく違う

アドバンテージがあります。

 

あなたの親、先代社長が残したビジネスモデル、

顧客がすでにある状態からスタートできるからです。

 

私も友人と起業をして学びましたが、

 

0からあなたのことを知ってもらい、

顧客を創造し、

売り上げを上げるシステムを作っていくことは

想像よりも遥かに難しいものでした。

 

大抵の場合、

 

0から1を作り上げる前に、

ほとんどの人が夢を諦めてしまいます。

 

また、1を作ってもその1を継続させることが

非常に難しいのです。

 

人が何かにチャレンジしようと思った時、

もっとも手に入れたいものが

 

安心

 

です。

 

起業の例で言えば、

 

1という売り上げがある状態を

継続できていること。

 

家業は何十年と続いてきたビジネスであり、

 

既に事業・顧客という安心がある中で、

あなたが自分の信念を持ち、

その信念を実現することにチャレンジできます。

 

家業

 

というビジネスは、

 

あなたが自分の理想を体現するために親や、

先代社長が残してくれた1つの大きな資産なのです。

 

家業を継ぐことと、サラリーマン人生の違い

では次に、

 

家業を継ぐことと、

サラリーマンとしての人生の違いです。

 

サラリーマンは、

0から1を作り上げる必要はありません。

 

すでに勤めている会社に1があり、

お給料として日々の生活に安心も得られます。

 

ですが、

 

家業を継ぐこととの大きな違いは、

 

自分の理想の人生

理想の自分のあり方

 

など、

 

自分の信念を体現する。

 

という、

 

もっとも大きな目標といえるものは

サラリーマンでは達成できることはありません。

 

なぜならサラリーマンは、

 

会社の理想を体現していくことが使命であり、

お給料をもらっている以上、

会社の信念、理想に歯向かうことはできないからです。

 

いくら会社の方針、上司のやり方が

あなたにとって気に入らないことであっても、

 

会社

 

という組織に所属するサラリーマンである以上

その人は自分の信念を曲げるしかないのです。

 

そういった点で、

家業を継ぐという選択はサラリーマンと大きく異なります。

 

自分がトップとなり、

家業にあなた自身の信念を落とし込むことで、

 

あなたの理想の人生

人生の大きな目標

 

これらを達成できるチャンスが得られるのです。

 

私はこの、

 

家業を継ぐ=自分の信念を体現する

 

という家業でもっとも大きいと言える

最大の喜びがわかるまで長い時間を要しました。

 

ですが、

 

人は他人に決められた基準や数値ではなく

その人本来の姿であることがもっとも幸福である。

 

という自分自身の信念に気付けたとき、

 

家業を継いだ喜びや、

自分自身の理想を体現していくという

 

人生の楽しさがやっとわかったのです。

家業を継ぐあなたが、2代目3代目社長として作るべきもの

家業は大きな力を持つからこそ”気をつけなければいけないこと”

 

今まで書いていきた様に、

 

家業にはあなたが

 

理想の生き方を体現する

人生を理想のものに変えていく、

 

そして、

 

あなたの信念を世の中に広めていく

大きな力があるツールです。

 

ですが、

 

家業は大きな力を持つからこそ、

気をつけなければいけないこともあります。

 

家業という

 

便利な道具、

パワーのあるツールは

 

使い方を間違えると

人生を辛いものにも変えてしまう力があるからです。

 

 

 

家業に振り回される人生

家業はすでに、

 

0から1という

 

ビジネスにおいて最も難しい時期を乗り越えた

大きな力を持つツールです。

 

ですが、

大きな力をもつということは、

 

上手く使いこなせなければ、

その力に振り回されてしまいます。

 

イメージしていただきたいのですが、

 

自転車に乗って運転をする

 

ということは

誰でも簡単にできますよね?

ですが、

 

上の写真の様に

目の前を走り抜けていく自転車であればどうでしょう?

 

自転車のスピードに上手く合わせ、

進む方向を決めて乗りこなせなければ、

 

たちまち転んだり、

衝突事故になってしまいます。

 

さらに、

 

乗ることができても、

 

この自転車には既に大きな

推進力が働いています。

 

そのスピードや進行方向、

ハンドルの動かし方やペダルの漕ぎ方、

自転車の状態を見極めて

 

上手くコントロールできなければ、

すぐに転んでしまうでしょう。

 

あなたが上手く

家業というビジネスに飛び乗ることができ、

 

さらにあなたが、上手に

家業をコントロールすることができれば、

 

家業にはすでに推進力があるので

あなたが目指す人生の目標、理想の状態まで

一気に進んでいくことができます。

 

逆に、

上手くコントロールできなければ、

 

家業を継いで人間関係が悪くなったり、

生活が苦しくなったりと、

 

家業という既に推進力のあるビジネスに

自分自身が振り回されてしまいます。

 

 

家業という推進力のある

ビジネスに飛び乗る。

 

そして、

家業をうまくコントロールして、

人生をより良い方向へ向かわせるためには

 

家業というビジネス、そして

家業を取り巻く人たちのことを

よく知る必要があるのです。

家業を継ぐ後継者・2代目社長に必要な3つの力

家業に目的地はあるか?

家業を継ぐ上で最も大事なことは、

 

あなたの信念・哲学(目標)を持つことです。

 

あなたが

家業や人生で何を目指すのか、

家業でもっとも体現したいあなたの哲学は何か?

 

これは価値があるものだ!

 

と胸を張って言える

家業におけるあなたの信念(目的地)のことです。

 

この信念・哲学がなければ、

 

どれだけ素晴らしく、世の中にとって役に立つ

家業をあなたが継いだとしても

いつか廃れてしまいます。

 

上の迷路はビジネス・人生の縮図です。

 

人は目的地(ゴール)があるからこそ、

たとえ迷いながらでも進んでいくことができます。

 

先ほどの自転車で例えるなら、

 

ゴールがあるからどこで給水をして、

どこまで力を温存するか?

どこでスパートをかけるかを計画し、

知ることができます。

 

もしそれが、

下のような目的地(ゴール)のない

迷路だとしたらどうでしょう。

目的地もなく迷路の中を彷徨うわけですから、

きっとあなたも、

 

そして

家業も体力がなくなり倒れてしまいます。

 

さらに、

 

せっかくマーケティングやマネジメント、

など家業に活かすことのできる

素晴らしい知識を学んだとしても

 

家業の目的地がなければ、

その効果や意義を見出すことができず、

 

どこで知識や理論を使うか?

なぜ使っても効果がでないのか?

 

などが全くわからないのです。

 

家業が上手くいかない。

家業が時代遅れになってしまった原因は、

 

家業のリソース

何を人々に提供しているのか

 

あなたが提供したい価値・サービス

 

これらを混ぜ合わせた、

 

「あなたの人生の目標・信念」

「家業で成し遂げたいこと」が明確でないからです。

この信念や目的が明確でない人ほど、

最近高確率で広告を目にする

 

1ヶ月で1,000万円稼ぐ!

簡単に何名集客できる!

 

というような

胡散臭いネット広告に引っかかってしまい、

さらに自分の首を締めてしまいます。

【家業と人生の分岐点】ゴールのない「選択」が危ない理由

家業=「お金のため」は目的地ではない。

最初にも述べたとおり、

 

家業は代々あなたの家族や、

先代社長から引き継がれたものです。

 

そしてあなたの親や、先代社長は

素晴らしい技術や経営力で

家業を進めてきました。

 

おそらく、

家業が創業されたときや、

あなたの親・先代社長が

 

あなたの祖父母、さらに先代から

家業を引き継いだ理由は

 

お金を稼ぐため

 

かもしれません。

 

ですがはっきり言って、

今の日本、そして世界で

 

あなたの信念

家業で成し遂げたいことを考える時、

 

お金を稼ぐ

ということを目的地とするのは

良い考えではありません。

 

なぜなら、

 

あなたの親や先代社長が

家業を引き継いだ時と、

あなたが生きる今の時代では、

 

時代の流れが大きく異なるからです。

 

親や先代社長が家業を営んでいた時は、

 

日本の人口は増加し、

世の中が高度経済成長期という

 

世の中全体の経済が大きくなっていた時であり、

信念や哲学がなくても、

家業は時代の流れに乗って成長できました。

 

しかし、

 

 

物やサービス、

そして情報が溢れた現代、

 

さらに、

人口が減っていき、

経済規模全体が小さくなっていく

今の日本では、

 

ただお金のためにビジネスをしても

上手くいくはずがないからです。

 

 

家業というビジネスの目的

家業の目的を考える時

 

そのためにはまず、

ビジネス本来の目的を考える必要があります。

 

「経営の父」と呼ばれる

アメリカのピーター・ドラッカーは

ビジネス・企業の目的を次の様に語っています。

 

起業の本来の目的は”顧客の想像”である

 

つまり、

 

あなたにとっての

 

「お客様」を増やしていくことが、

家業というビジネスのひとつの目的となります。

 

しかし先ほども書いた様に、

 

ただ物やサービスを売るだけでは、

今の世の中ではお客様を増やしていくことはできません。

 

物・サービス、そして情報が溢れる現代では、

普通のものやサービスには誰も見向きしてくれないからです。

 

だからこそ、

家業を継ぐ後継者としてあなたが持つべきものは、

 

自分自身の信念・哲学の構築なのです。

 

あなたの信念・哲学に人は集まる

何度も書いていますが、

 

あなたがもし、

 

家業を継ぎ、事業を継いで

人生をより良いものにしたいのであれば、

 

あなたの信念・哲学を

家業で体現していく必要があります。

 

なぜなら、

 

あなたが

 

家業の商品・サービスは価値があるものだ!

家業は世の中に価値をもたらすものだ!

という信念・哲学に共感する人が

あなたのファンとなり、

家業のお客様となってくれるからです。

 

そして、

あなたの信念・哲学に共感する人が

従業員・仲間となって

家業をさらに上のステージに向かわせてくれます。

 

お金のため

生活のため

 

という現実的な目的は

あくまであなたの理想や目的を達成する

一つの手段であり、目的ではないのです。

家業を継ぐ後継者・2代目社長が不安定な時代に生き残るために必要なもの

家業を継いで良かった。

長々と書いてきましたが、

私が伝えたかったことは

 

家業とは、

 

自分自身の信念・理想を達成するための

大きな力をもつツールである

 

ということです。

 

ですが、

 

大きな力をもつからこそ、

 

家業を正しく進めていく。

家業に自分の信念を正しく落とし込んでいく。

 

という2つのことが大切なのです。

 

この2つに気づくまでは、

 

家業を継いで良かったですか?

 

という質問に対して

私は自信を持って

 

はい。

 

と答えられなかったでしょう。

 

もし、

 

あなたが家業を継いで今が苦しい。

家業を継ぐかどうか迷っている。

 

このような不安や悩みをお持ちであれば、

今回私がお伝えした内容が少しでもヒントになれば

幸いです。

 

最後まで読んでいただき、

ありがとうございました。

 

 

 

 

家業は楽しいですか?

ここまでを読んでいただいたあなたは、

ビジネスや人間関係など、

様々なことをすでに学んでいる方だと思います。

 

しかし、それでも

家業の後継者・2代目社長としての

今の自分自身に何か

 

“不安”や”迷い”

あったり、

 

家業について,

 

何か悩みがあるのではないでしょうか?

 

そんなあなたに一つだけ、

質問があります。

 

それは、

 

「家業が楽しい」と心から言えますか?

 

ということ。

 

今回あなたに、

6日間の無料メール講座

あなたにお届けすることになりました。

 

・家業・会社を継ぐ後継者に必要なこと

・ビジネスを円滑に進める知識

・人間関係を改善する方法

 

などを6日間毎日お伝えすることで、

家業を継いだことで生まれる

不安や迷い、悩みを解消するための

 

「人間力」

「ビジネス力」

「マネジメント力」

が身につきます。

 

このメール講座を無料で受講していただくだけで、

 

今まであなたが悩んでいたことを

一気に解決するヒントが見つかり、

家業を天職にすることができます。

 

家業を天職にすることができれば、

 

ビジネスも、

人間関係も、

そして、

あなたの生き方そのものが

より良いものになっていくでしょう。

 

・家業が本当に楽しい!

・家業を継いで良かった!

・家業、そして自分自身の未来が

より良いものになる!

このように確信できる毎日を過ごしてみませんか?

 

6日後にはあなたの人生観・仕事観が

大きく変わっているはずです。

私が考える「家業とは?」

なぜあの人は半年間で変わったのか?受講者様の声

  • 興味はあるけど、具体的にどう変わっていけるの?
  • なんで自分だけの哲学が必要なの?

と疑問に思われた方はぜひ、お読みください。

あなたと家業の未来を変えるためのプログラム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

涌田 義信

【涌田義信】 奈良県生まれ 北海道在住 1988年生まれ 横浜市立大学を卒業後 某大手食品メーカーに就職し、1年半で退職。 その後、祖父の代から続く家庭用医薬品販売会社 わくた漢方(株)で3代目として活動中。 2代目社長・後継者にとって、 この世の中が「ホームグラウンド」になるための情報を発信中。