家業なんて継ぐつもりがなかったのに後継者になった人が心がけるべき3つのこと。

みなさんこんにちは。

涌田です。

 

今日の内容は、

 

・家業なんて継ぐ気がなかったのにいつの間にか後継者になってしまった。

・先代が急に亡くなってしまって、突然親の会社を継ぐことになった!

・良い仕事もないし、とりあえず家業を継いでみるか。

 

このように、

 

もともと家業・親の会社を継ぐ気がなかった

2代目社長・後継者の方が、

 

親の会社・家業の仕事が「天職」になるために

心がけるべき3つのこと。

 

をお伝えしていきます。

 

継ぐ気がなかった人に見えてしまうもの。

 

私の家族は、祖父の頃から薬屋として家業を営んでいました。

そして、

先代である父の代で株式化し、

現在の私は、わくた漢方(株)の2代目として活動しています。

 

そもそも家業を継ぐ気があったのか?

 

と言われればそうではありません。

 

大学を卒業して、そのまま東京で就職し、

サラリーマンとして生きていくつもりでした。

 

ですが、上司との関係が悪くなったことで、

その会社を退職し、ある意味

 

しょうがなく家業を継いだ。

 

という経緯があります。

 

私のプロフィールはこちら。

あなたは誰に支えられていますか?

 

家業を継いだとき、

私が家業に対して思っていたことは、

 

「自分の家業への否定的な気持ち」

 

です。

 

「この業態は時代に合わない。」

「こんな商品をこんなに高い価格で買う人なんていない。」

「同業者はバカばっかりの底辺の仕事だ。」

 

もちろん、

「家業を継いでこれから頑張っていこう。」

 

という気持ちもありましたが、

私の心の中には、

 

「家業を継ぐしかなかった」

 

という、

自分を蔑む心と、

他人・世間への敵対心が溢れていたのです。

 

そして、

 

この自分と家業に対する後ろ向きな心が、

私の人生をどんどん苦しいものにしていきました。

 

・社員が自分の言うことを聞いてくれない。

・商品が売れずに経営が悪化していく。

・家に帰っても仕事の話ばかりで心が休まらない。

 

家業なんてやっぱり継がなきゃよかった・・・

 

こんな風に思い始めた頃、

私は友人の勧めで「コーチング」を学ぶようになりました。

 

“コーチング”とは簡単に言えば、

 

“脳科学など科学的根拠をもとにした、

人間の思考と行動をより良い方向に変えていく理論”

 

です。

 

欧米ではすでに主流になっているものですが、

当時の日本では全然知られていなくて、

 

コーチングを学ぶことで、

私の中に、

どんどん新しい「価値観」や「物の見方」が

広がっていきました。

 

それから、

ビジネスについても学ぶようになり、

 

私の中で色々な変化が起こります。

 

そんな中で、

 

特に私の後継者としての人生を大きく変える

「指針」になったものがあります。

 

それは、

 

自分自身が何を感じているかによって、

人生は大きく変わっていく。

 

ということ。

 

それはつまり、

 

「社員も家族も私の味方になってくれない。」

「こんな家業なんてこれからの時代うまくいかない。」

「自分は家業なんて継ぐべきじゃなかった。」

 

という私自身の

 

親の会社・家業に対する価値観が、

今の私の苦しい状況を作り上げた。

 

ということです。

 

それ以来、

 

私は親の会社・家業への考え方を少しずつ変えていき、

今では

 

「この仕事こそ、自分の天職だ!」

 

と胸を張って言えるようになりました。

 

もし、あなたが昔の私と同じように

後継者としての生き方に苦しまれているのなら、

是非、これからお伝えすることを考えてみてください。

 

家業を継いだら考える3つのこと

 

 

2代目社長・家業の後継者の方は、

今まで普通のサラリーマンだった。

 

という方や、

 

経営者になるなんて思ってもみなかった。

 

という方がほとんどだと思います。

 

そんなあなたが、

家業を継いで、

2代目社長として、

 

より良い人生を送るためには、

 

これから後継者・2代目社長として

心の留めておくべきことが3つあります。

 

この3つをあなたが考え、常に心に留めておくことで、

あなたの後継者・2代目社長としての生き方は

大きく変わります。

 

その3つとは、

 

  1. 「ビジネス」とは何か?
  2. 「リーダー」とは何か?
  3. 「目標」とは何か?

 

という3つです。

 

1.「ビジネス」とは何か?

ここで言う、

「ビジネス」とは、

 

「お金を稼いでいくこと」

 

という意味です。

 

サラリーマンとして今まで生きてきた人は、

「お金を稼ぐ」ということの本質を

見過ごしがちです。

 

なぜなら、

ほとんどのサラリーマンは「月給制」であり、

月に何日働いていくら給料をもらう。

 

という、

 

「自分の時間」を「お金」に変えてきた人だからです。

 

ですが、

 

家業の後継者・2代目社長は、

「時間」を「お金」に変えることができません。

 

なぜなら、

あなたが1時間会社にいようが、

24時間会社にいようが、

 

ビジネスをしていなければ、

お金が生まれないからです。

 

ビジネスとは、相手が望むものを提供し、

その対価としてお金をいただくことです。

 

つまり、

 

あなたが家業の後継者として

心がけないといけないことは、

 

会社はどれだけの価値を世の中に提供したのか?

 

もっと言えば、

 

会社が世の中に対して提供した商品・サービスで、

どれだけの人が喜んでくれたのか?

 

ということ。

 

経営者は従業員を使って、

ただ座っているだけでお金が手に入る。

 

と思っている世間の人も多いですが、

 

経営者は視点を常に世の中に向け、

自分たちが何をできるか?

 

を常に考え、

行動に移していくことを考えるのが

仕事なのです。

 

このテーマの詳しい内容はこちら

サラリーマンを辞めて家業を継ぐ人が気をつけるべきこと

 

2.「リーダー」とは何か?

 

あなたは、

家業の後継者・2代目社長であり、

家業・会社の経営者=会社のリーダーです。

 

リーダーのイメージは、

・従業員を引っ張っていく。

・知識やスキルがあり、他人に一目置かれる。

・孤独な戦いでも、弱音を吐くことなく、闘う。

 

これが今までの「リーダー像」であり、

 

リーダーは力強い人間でなければいけない。

 

と思われています。

 

しかし、

 

今の時代のリーダーには、「力強さ」は必要ありません。

 

特に、

家業の後継者・2代目社長に対する

・お坊ちゃん

・頼りない

・世間知らず

 

というイメージがあるときに、

「強いリーダー」を演じてしまうと、

 

古参の従業員や、顧客が

「なんだあいつは」という気持ちになり、

 

「孤独なリーダー」になってしまいます。

 

人は絶対に1人では人生が上手くいきません。

それが組織のリーダーであれば、

なおのこと、「孤独」という状態は危険になります。

 

これからの時代を生き抜くリーダーは

 

「強いリーダー」ではなく、

「支えられるリーダー」です。

 

あなたが家業・会社で何かを取り組むときに

社員やお客様が、

 

「この人を支えてあげよう」

「この人を応援したい」

「なんかあいつはほっとけない」

 

このように思われる人こそ、

これからの時代を生き抜き、人に必要とされる

「支えられるリーダー」なのです。

 

支えられるリーダーについての詳しい内容はこちら。

2代目社長は「頼りない」くらいがちょうどいい。

 

3.「目標」とは何か?

 

そして3つ目は、

 

「目標」とは何か?

 

ということです。

 

これは1つめの“「ビジネス」とは?”

2つめの“「リーダー」とは?”

 

の両方につながる内容にもなるのですが、

 

あなたが経営者として目標を掲げるとき、

 

その目標が売上や利益ではいけない。

ということです。

 

売上や利益を目標にすると、

従業員は納得かもしれませんが、

お客様や世の中はあなたの味方になってくれません。

 

大事なことは、

 

あなたが家業・会社を通じて、

どんな世の中を作りたいのか?

 

という大きな目標を掲げることです。

 

私の家業の場合であれば、

 

人が数値や基準ではなく、

自分自身のあるべき状態から必要なものを取り入れ、

「健康」を手に入れる。

 

という大きな目標があります。

 

この私の中の「信念・哲学」こそが、

家業・会社の目標であり、

 

売上や利益は、大きな目標を達成するための

手段・指標の1つです。

 

私の信念・哲学を体現することに近づけば、

自然と売上や利益が上がり、

従業員の給料も増やすことができる。

 

私の目標に近づくことで、

お客様が本当の健康を手に入れ、

より良い人生を歩むことができる。

 

このように、

社員やお客様が、「目標」に共感してくれることで、

ビジネスとして成立し、

たくさんの人に支えられるリーダーとして生きることができます。

 

目標についての詳しい内容はこちら。

業績・従業員との関係・・・2代目社長の悩み・苦悩を解決する「コンセプト」の力

 

「目標」を決めるときに大事なことは、

あなたが

 

何を「大切だ」と感じていて、

何が「好きだ」と思っているか?

 

ということ。

 

人は、

好きなこと。

大切だと思っていること。

 

このどちらかがないと、

それを「達成したい」と感じることができません。

 

お金は生活できる分だけでいい。

 

と思っている人は必要以上に仕事を頑張りませんが、

 

お金こそこの世の全てだ!

 

と思っている人は貪欲に仕事に取り組むか、

悪い場合は、詐欺や強盗などの犯罪に手を染めます。

 

もちろん、犯罪は悪いことですが、

 

ここで大事なことは、

 

好きなもの・大事だと思えるものは、

 

「やってはいけないと知っていながらやってしまう」

 

というくらいの“情熱”を人に持たせるということです。

 

何か物事を進めていく上で、

“情熱”はとても大事になります。

 

詐欺や強盗ではなく、

 

家業・会社に対してあなたが情熱を持って

「これこそが天職だ!」と思えるようになるために、

 

是非、

今日お伝えした

 

  1. ビジネスとは何か?
  2. リーダーとは何か?
  3. 目標とは何か?

この3つを是非、あなたの心に作ってみてください。

家業は楽しいですか?

ここまでを読んでいただいたあなたは、

ビジネスや人間関係など、

様々なことをすでに学んでいる方だと思います。

 

しかし、それでも

家業の後継者・2代目社長としての

今の自分自身に何か

 

“不安”や”迷い”

あったり、

 

家業について,

 

何か悩みがあるのではないでしょうか?

 

そんなあなたに一つだけ、

質問があります。

 

それは、

 

「家業が楽しい」と心から言えますか?

 

ということ。

 

今回あなたに、

6日間の無料メール講座

あなたにお届けすることになりました。

 

・家業・会社を継ぐ後継者に必要なこと

・ビジネスを円滑に進める知識

・人間関係を改善する方法

 

などを6日間毎日お伝えすることで、

家業を継いだことで生まれる

不安や迷い、悩みを解消するための

 

「人間力」

「ビジネス力」

「マネジメント力」

が身につきます。

 

このメール講座を無料で受講していただくだけで、

 

今まであなたが悩んでいたことを

一気に解決するヒントが見つかり、

家業を天職にすることができます。

 

家業を天職にすることができれば、

 

ビジネスも、

人間関係も、

そして、

あなたの生き方そのものが

より良いものになっていくでしょう。

 

・家業が本当に楽しい!

・家業を継いで良かった!

・家業、そして自分自身の未来が

より良いものになる!

このように確信できる毎日を過ごしてみませんか?

 

6日後にはあなたの人生観・仕事観が

大きく変わっているはずです。

私が考える「家業とは?」

なぜあの人は半年間で変わったのか?受講者様の声

  • 興味はあるけど、具体的にどう変わっていけるの?
  • なんで自分だけの哲学が必要なの?

と疑問に思われた方はぜひ、お読みください。

あなたと家業の未来を変えるためのプログラム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

涌田 義信

【涌田義信】 奈良県生まれ 北海道在住 1988年生まれ 横浜市立大学を卒業後 某大手食品メーカーに就職し、1年半で退職。 その後、祖父の代から続く家庭用医薬品販売会社 わくた漢方(株)で3代目として活動中。 2代目社長・後継者にとって、 この世の中が「ホームグラウンド」になるための情報を発信中。