家業を継ぐあなたが「未来」について考えること

みなさんこんにちは。涌田です。

 

今日の内容は、

 

・日々の仕事に追われて将来を考えている余裕がない。

・余計なことを考えずに仕事しろ!と怒られる。

・将来を考えたら気持ちが落ち込む。

 

というあなたに向けて、

 

家業を継ぐあなたが「未来」について考えること

 

という内容でお伝えしていきます。

 

 

家業を継ぐ人にとって「未来志向」は必要なこと

余計なことを考えずに、毎日一生懸命仕事をしろ!

 

と僕は以前、

先代である父からよく言われていました。

 

家業を継いだはいいけど、この先大丈夫だろうか?

 

と毎日不安んで夜も眠れないくらいに、

実家の家業の売上が下がっていたからです。

 

「何かいい方法はないかなー」

「自分に足りないものはなんだろう」

 

と考えだすと、仕事が手につかなくなり、

家業の仕事で簡単なミスをやらかしたり、

 

恋人(今の妻)との関係にも悪影響が出ることもありました。

 

 

そんな時に、コーチングと出会って、

 

「自分が求めていたのはこれだ!」

 

と、すぐに学ぶ決意をしたのですが、

 

コーチングを学ぶことを父に伝えた時も、

「そんな無駄なことに時間を使ってないで、たくさん仕事をしろ!」

 

と怒られました。

 

しかし、当時の僕は、

コーチングこそ、自分が家業を輝かせるために必要なものだ!

と確信していたので、

 

これだけは譲れない!

 

と、反対を押さえ込んでコーチング理論を半年間学ぶようになりました。

 

結果的に、家業もコーチングを使ってうまくV時回復し、

恋人とも5年間の遠距離恋愛の末、結婚できたので、

あの時の判断は間違っていなかったのだと確信しています。

 

何が言いたいのかというと、

 

自分の未来を考えることって当たり前じゃない?

 

ということです。

 

 

将来なんて誰にもわからないから考えても無駄。

 

 

という方もいますが、

僕は、自分の将来を「今」考えるということは、

非常に意味のある、大切な時間だと思います。

 

 

自分は何がしたいのか?

家業を通してどんなことを実現したいのか?

そのためには何が必要なのか?

 

 

今は昔と違って、

経済が停滞し、ただがむしゃらにやっても

幸せになれるとは限らない時代です。

 

だからこそ、

 

あなたの家業とあなた自身の人生を

より良いものにするために、

 

未来がよりハッピーになるためにできることを考える。

 

ということは、

とても大切なことなのです。

 

「考える」と「悩む」は違う。

ただ一つ、未来を考えるために重要なことは、

 

考えるのであって、

 

悩むのではない。

 

ということです。

 

 

現在の状況を把握し、

自分のゴール、家業のゴールに向かって

「どうしていくべきか?」

 

と考えることはとても意味のあることで、

未来志向になることによって、

脳があなたの道筋を見つけてくれます。

 

 

ですが、

何か不安や問題を抱えている人ほど、

 

未来について考える時に、

 

「ああなったらどうしよう」

「こうなったらどうしよう」

 

という、まだ起きてもいない問題について

「悩んでしまう」

という落とし穴があります。

 

 

心理学者のアルフレッド・アドラーは、

 

人は過去のことを考えて後悔し、未来のことを考えて不安になります。

けれど、人は今ここにしか生きられないのです。

 

と語っています。

 

 

つまり、未来の不安にフォーカスするのではなく、

 

「じゃあ、どうすればいいか?」

 

ということにフォーカスすることで、

 

あなたが家業を通して、

より良い未来を気づいていくための「方法」を

見つけるように脳を働かせることができるのです。

 

 

家業を継ぐ人間として、どんな人間になる?というゴール

僕に質問をくださる方の多くに、

 

自分が家業を通して、何を成し遂げたいのか?

ゴールが設定できません。

 

という人がかなり多くいらっしゃいます。

 

「ゴール設定」こそ、

コーチングの大前提。

 

なのですが、

実はこのゴール設定こそ、家業の後継者には苦手な分野です。

 

それは、幼い頃から自分で決めて、自分で進む習慣がなかったり、

自己肯定感(セルフエスティーム)が低い人が、

 

家業の後継者に多いからです。

 

 

実は、僕もコーチングと出会ってからしばらくは、

 

「何を成し遂げたいか?」という

ゴールを設定することができませんでした。

 

 

その時に実践したのが、

 

「どんな人間になりたいか」

「どう生きたいか」

 

という、ある種、

人間として・家業の後継者としての

 

「あり方」

 

のゴール設定です。

 

「やりたいこと」

 

というゴールはなかなか見つけることができない人も多いでしょうが、

 

「なりたい人としての姿」

 

は、大体の人が意識に上がっています。

 

 

まずは、人としての「あり方」

 

をゴールに設定して、

 

「じゃあ、どうするのか?」

 

という未来志向を働かせてみましょう。

 

家業の後継者として、どんな人になりたいか?を設定する方法

では、具体的に

 

どんな自分になりたいか?

 

を設定する方法をお伝えします。

 

あなたが、

 

「こんな人になりたいな」

「こんな風に生きられたらいいな」

 

と思える人を5人あげてみてください。

 

これは、実在の人物でも、アニメのキャラクターでも構いません。

 

 

5人上げることができたら、

彼らの共通点を見つけ出してみましょう。

 

エネルギッシュだとか、

商才があるとか、

男気がありそう。

 

など、自分が思いつく、

そして、

 

自分が「こうなりたい」思える共通点です。

 

見つけることができたら、

その共通点を未来の自分に当てはめてみましょう。

 

 

彼ら5人が持つ共通点を同じように持つ自分を

想像して、気分が上がるようならOKです。

 

この5人と同じ部分を持つ自分が、

今のあなたの「人としてのゴール」です。

 

 

もちろん、

コーチングではゴールは更新していくものなので、

途中で中身が変化しても構いません。

 

 

そのゴールとしての人のあり方に、

どうすれば近づいていけるでしょうか?

 

 

これが、正しい未来志向であり、

コーチング的な成長の方法です。

 

 

なりたいこと、やりたいことを実現するために

自分は何をしていくのか?

 

 

もちろん、完璧な方法はありません。

 

完璧な方法を探して、前に進むことができない。

という人がいますが、

 

一歩でも前に進むことができなければ、

今の辛い現実からも抜け出すことができません。

 

逆に言えば、

一歩でも前に進めば、

今の状況から一歩抜け出せている。

 

ということです。

 

 

一気に不安や悩みが消え去るということは、

なかなか難しいことですが、

 

あなたが前に一歩ずつ進むたびに、

必ず現状は変わっていきます。

 

 

未来に対して「今」できること

なんだかどこかの会社のCMのようですが、

未来を全く考えずに、ただひたすらに今を生きるということは、

 

真っ暗な道をライトも持たずに走っていくようなものです。

 

それは、

障害物や、高い壁が待っていてもそれに気づくことができない

危険な行為です。

 

ですが、将来の不安や悩みにばかり囚われて、

一歩も前に進むことができないのであれば、

今の暗い場所から抜け出すことができません。

 

大切なことは、未来に対して思いを巡らせ、

 

自分自身のゴールを設定すること。

 

そして、そのゴールに向かって、

一歩ずつ、少しずつでも前に進んでいくために

「何ができるのか?」を

考えて、実践していくことです。

 

 

思考と行動が合わさることで、

初めて人間は現状から抜け出すことができます。

 

 

あなたのゴールに向かって、一歩ずつ「何ができるか?」

を考えていきましょう。

 

それでは。

 

やりたい!という自分のゴールを設定したい!

という方はこちら

2代目社長にこそ必要な「素直なゴール」

なぜあの人は半年間で変わったのか?クライアント様の声

  • 興味はあるけど、具体的にどう変わっていけるの?
  • パーソナルコーチングを受けたら本当に自分は変われるの?

と疑問に思われた方はぜひ、お読みください。

あなたが半年間で「自分史上最高の後継者としての自分」を手に入れる

限定10名!特別無料トライアル無料セッション実施中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください