家業を継ぐ人こそ、仕事以外も大切にすべき理由

みなさんこんにちは。涌田義信です。

 

今日は、

 

家業を継ぐ人こそ、仕事以外も大切にすべき理由

 

として

家業を継いで、仕事漬けの毎日に違和感がある。

家業を営んでいるが、毎日が楽しくない。

家業を継いで、人生をもっとハッピーにしたい。

という悩みや希望がある方が、

 

家業の後継者として、

もっと人生をより良くしていくためのポイント

をお話しようと思います。

 

家業を継ぐ人は、バランスホイールを大切にしよう。

 

家業の後継者が人生をもっと楽しくしていくために必要なこと。

それは、

バランスホイール

です。

 

バランスホイールとは、人生で価値があると思うもの、例えば

家族

友人

趣味

健康

お金

仕事

 

など、人それぞれに

人生で大切にしたいもの。

があると思います。

 

バランスホイールとは、「バランス」という名のとおり、

その大切な物のバランスつまり、「構成比」です。

家業を継いだ人の中には、なかなか人生の「バランス」を

うまく取れない人が多くいます。

 

そして、このバランスが崩れていくと、

どれだけ家業で成功しようとも、

「幸せ」だと感じることができなくなってくるのです。

 

家業での収入と幸福度の限界

 

このブログを読んでいる人の中には、

「仕事で収入をあげれば幸せになれる!」

とお思いの方もいると思います。

 

たしかに、収入をたくさん得るということは、

家業で成功をしているからこそ、成せるものです。

 

そして、収入がなければ、

趣味を楽しんだり、家族に生活水準の高い暮らしを

提供することができないのも事実です。

 

しかし、あまりに仕事と収入に目がいき過ぎると、

人生のバランスが崩壊して、「収入があるのに不幸になる。」

という、まさかの自体に陥りかねません。

 

ちなみに、ある研究では、

年収が800万円を越えると、それ以上収入を増やしても、

幸福度はほとんど変わらない

と、言われています。

 

ちなみに、僕も昨年まで自分の家業とは別で、

友人と会社を立ち上げて、そこで取締役として仕事をしていました。

 

もちろん、友人との事業にも「ゴール」はありましたし、

収入の面でも同世代の大手企業のサラリーマンよりも

かなり高い収入を得ていました。

 

ですが、あまりに仕事に打ち込みすぎたために、

体調を崩したり、

妻とのコミュニケーションがギクシャクしたりすることも多くなったのです。

 

家族を大切にするために、仕事を頑張って収入をあげようとしていたのに、

収入は上がっても家族の気持ちが離れていく感覚です。

 

当然、その時の僕の幸福度は高くありませんでした。

 

趣味も家族も、そして自分の健康をもないがしろにして、

「仕事」という人生で1つのパーツに過ぎないものばかりに集中すると、

人生で最も手に入れたい「幸せ」がどんどん離れていってしまうのです。

 

僕の場合は、そこで自分のバランスホイルを見つめ直し、

もっと家族の時間を大切にできるような方法を考えました。

 

さらに、そのために家業でより収入を得る方法を考え、

 

友人には本当に申し訳ないと思いながら、取締役の職を離れました。

もちろん、その友人は僕の気持ちを理解してくれていますし、

今でも良き仲間であることに変わりはありません。

 

誰かのためと思って行動をしていても、

いつの間にか相手のことを忘れていたり、

「誰かのため」を履き違えたりすることは人間ならば誰でもあります。

 

その履き違えに気づかないことが、問題なのです。

 

家業を継ぐからこそバランスを意識する

僕もそうですが、

家業を継いだ後継者は、何か「使命感」、

「ゴール」を持って仕事をしている人が多いはずです。

 

地元に貢献したい。

親を喜ばせたい。

自分の力を世間に証明したい。

成功して金持ちになりたい。

 

このような、仕事のゴール(目標)を胸に抱いて仕事をする人には、

僕は必ず幸せになってもらいたいと思っていますし、

なれるはずだと確信しています。

 

ですが、残念ながらゴールを持つほとんどの人が、

仕事と収入ばかりに目がいってしまい、

人生をもっと幸せにするための、バランスホイールのパーツが

見えなくなっているのが現実です。

 

この他の見えなくなっているパーツは、

意識しなければ見えなくなって行きます。

 

その理由は「当たり前にあるものだから」です。

 

家業以外の「当たり前」を意識する。

 

なぜ、当たり前のことが見えなくなるのか?

それは、

 

今までに意識する必要がなかったからです。

 

人間の脳は素晴らしい能力と機能を持っていますが、

その反面、「サボりがちである」という癖を持っています。

 

つまり、

意識しないと、見えているように振る舞う。

と言うことです。

 

例えば、今あなたの顔を鏡でよく観察してみてください。

目の形、鼻の位置、輪郭、口角の上がり下がりなどです。

 

どうですか、何か発見する部分はありましたか?

 

脳は、毎日見るもの、当然と思っているものは、

勝手に脳内で合成して「見たつもり」にさせているのです。

 

何が言いたいのかと言うと、健康も、家族も、趣味も、愛も、

 

脳は当然にあるものを、

考えていないけれども考えているように見せかける。

 

ということです。

 

だからこそ、当然だからこそ意識しなければ、

大切にすることができないのです。

 

幸福度で変わる後継者の生き様

あなたが大切にしているもの価値のバランスを意識して、

その全てを高めていくことができた時、

あなたの幸福度は間違いなく高くなっていきます。

 

そして、幸福度が高くなると、

その幸福感があなたの”生き様”に現れてくるようになります。

 

この「生き様に現れる」ということが、

あなたが家業でより成功を納めていくために、

非常に重要なポイントです。

 

なぜなら、家業を含め、どんな仕事でも

「他人」が関わってきます。

 

他人との関わりで、

あなたも

 

この人と一緒に仕事をしたい。

この人と関わっていきたい。

この人から買いたい。

 

という人がいると思います。

 

なぜそう思えるのかというと、

その人の「何か」に

共感する部分があるからではないでしょうか?

 

この「何か」という言葉では言い表せない部分に

生き様が現れるのです。

 

あなたが家業で成功を収めようと思って、

そのために関わっていきたい!と思える人には、

何かしらの「幸福感」が見えるはずです。

 

こういう生き方をしていきたい。とか、

こういうマインドを持っていきたい。

 

という尊敬や憧れのようなものです。

 

収入と生き様は比例する。

 

自分も他人も幸せにする。

人生のバランスホイールが高いところで均衡を保てている人は、

言葉では言い表せない部分で、魅力があるものです。

 

僕は最近、インスタグラムでも写真を載せているのですが、

僕の写真を見てくれている人の中に、

たくさん「お金の稼ぎ方を教えます!」という人がいます。

 

南の島や高級フレンチの写真をたくさん載せて、

20代で脱サラして金儲けした。

お金を得て趣味も旅行もしまくっている。

 

この人たちが本当に収入が高いのかどうかは別として、

(多分大半が稼げていない人だと思いますが)

大半の人と同じように、

僕も全然彼らに魅力を感じることができません。

 

なぜなら、「生き様」が見えないからです。

 

趣味・家族・健康・仕事・収入

仕事とは他人への価値の提供です。

 

これらがバランスよく合わさってこそ、

本当の幸せな生き方が見えてくると僕は確信しています。

 

家業で行き詰まったらバランスを見直そう。

 

僕は以前からブログなどで、

 

人生をより幸せにしていくためには、

高い抽象度、広い視野で物事を見る必要がある。

 

とお伝えしてきました。

 

どうしても、人は仕事や収入など、

1つのことに目が奪われて、

出口が見えない迷路に迷い込んでしまいがちです。

 

そんな時に、1つ高い視点で物事を見るために、

 

行き詰まったパーツ以外のパーツの水準を上げていくことが、

 

とても重要なポイントになってきます。

 

なぜなら、他のパーツの水準が高くなれば、

必然的に行き詰まったパーツに足りないものが見えてくるからです。

 

あなたも、家業を通じて人生をよりよくしていくために、

バランスホイールを一度見つめ直して見てください。

 

それでは。

 

 

 

 

なぜあの人は半年間で変わったのか?クライアント様の声

  • 興味はあるけど、具体的にどう変わっていけるの?
  • パーソナルコーチングを受けたら本当に自分は変われるの?

と疑問に思われた方はぜひ、お読みください。

あなたが半年間で「自分史上最高の後継者としての自分」を手に入れる

限定10名!特別無料トライアル無料セッション実施中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください