家業・事業を継いで成功する2代目社長は何のために「知識」を蓄えてるのか?

みなさんこんにちは。涌田義信です。

 

今日のテーマは、

・家業、事業を継いだけど自分には知識が足りない。

・色々な後継者向けセミナーに参加したけど、知識が活かせない。

・自分は足りないことだらけで何から学べばいいかわからない。

と思っている家業を継ぐ後継者、

2代目社長に向けて

 

家業・事業を継ぐ2代目社長は何のために「知識」を蓄えるのか?

 

というテーマでお話しようと思います。

 

家業の後継者・2代目社長にとって出口がない知識に意味はない。

先日、東京でセミナーを開催してきました。

セミナーを開催するたびに思うことは、

 

せっかく学んだ知識を

うまく使いこなせない人がとても多い。

 

ということです。

 

何か自分に足りないものを感じたり、

今何か壁にぶつかっていて、

そこから抜け出すために

新しい知識を得ようしているはずなのに、

 

なぜか、

 

何年も同じ悩みを抱えていたり、

「満たされない何かを感じている」

という人がかなり多くいるのです。

 

その結果、

 

自己啓発や資格の取得に数千万円、

下手をすれば数億円も使ってきた。

 

という人が世の中にはたくさんいます。

 

自己啓発やセミナーに何千万、何億円と使う人、

またそこまでの金額を使っていなくても

学んだことをうまく活かせない人にはある共通点があります。

 

それは

「学んだ知識を外に出していない」

ということです。

 

僕はこのブログで「コーチング」はツールであり、

使ってなんぼの代物だとお伝えしてきました。

 

知識もまた「使ってなんぼ」の代物であり、

蓄えるだけでは、

一向にあなたの人生を

よりよくしていくことはできないのです。

 

 

家業を継いだ後継者、2代目社長にはなぜ知識が必要なのか?

そもそも、

家業の後継者、

事業の2代目社長にはなぜ知識が必要なのか?

 

それは、会社、従業員、自社の商品やサービス、

そして自分自身をより良い方向に導いていくためですよね?

 

「知識はお金になる」

 

と言われることがありますが、

お金も知識もただ貯めるだけでは

人生は豊かになりません。

 

必要なものにお金を使い、

何かと交換することで、

より便利で豊かな暮らしを手に入れることができるものです。

 

知識もお金と同じで、

「何かのために使う」ということがなければ、

ただのタンスの肥やしとして、

あなたに溜まっていくだけのものになってしまうのです。

 

その「何か」こそが、

家業・会社の未来や、従業員との関係、

家族との関係、自分自身を高める。

 

ということです。

 

知識を使う、外に出していくことを

「知識のアウトプット」と言いますが、

 

このアウトプットこそ、

家業を継ぐ後継者、

事業の2代目社長には必要になるのです。

 

出口がない知識はいつか腐ってしまう。

さらに、

知識を得ても変われない人が

高確率で勘違いしていることがあります。

それは、

 

知識は貯めれば貯めるほど良い。

 

ということです。

 

え?

知識は多い方が良いに決まってるよ?

 

と思われるかもしれませんが、

先ほども言ったように、

 

知識は「使ってなんぼ」の代物です。

 

大事なことは、

知識を外に流している=使っている量であり、

知識を蓄えている量ではないのです。

 

知識は「水」と同じです。

浴槽に貯めた水が流れなければ

どんどんとその水は濁っていきます。

これが知識を蓄えるだけにフォーカスした人の状態です。

 

色々な知識を蓄えて、

 

流すこと(使うこと)をしなければ

 

“本当に自分にとって大事なこと”が

 

濁って見えなくなってしまうのです。

 

家業を継ぐ、

事業を継ぐ後継者のあなたにとって

 

“本当に大切なこと”

 

を見失わないようにするために、

是非、知識を外に出す習慣をつけていきましょう。

 

家業の後継者・2代目社長にとってのアウトプットとは?

これまでの内容で、

家業を継ぐ後継者、2代目社長にとって、

なぜ知識を外に出す(アウトプット)が重要なのか?

をご理解いただけたと思います。

 

しかし、

 

知識のアウトプットと言っても

どうすればいいかわからない。

と思う方もいらっしゃると思うので、

 

家業の後継者・2代目社長にとって有効なアウトプットの方法

いくつかお伝えします。

 

家業の後継者

2代目社長にとって有効なアウトプットの例は

  1. ネットでの情報発信
  2. トップ営業
  3. 社内研修

などです。

 

1:ネットでの情報発信型アウトプット

会社のHPなどで会社の情報は

既にアウトプットしている方も多いと思います。

 

ですが、

 

「あなた」の情報はどうでしょうか?

 

あなたが何を学び、何を考え、どういう思いで家業を継いだのか?

どんなことを世の中に提供しているのか?

あなたが何を目指しているのか?

 

これからの時代は、

「人と人の繋がり」がとても重要な時代です。

 

会社のHPで商品やサービスの紹介をいくらしても

それは無機質で「人」としての繋がりを

感じることはできません。

 

だからこそ、あなたが学んだ知識や経験を情報として、

世間に出していくことで、

 

「あっこの家業を継いでいる人はこんな人なのか!」

という「人としての繋がり」が相手に芽生えてきます。

 

2:トップ営業型アウトプット

これは、

家業の後継者、

2代目社長である

あなたにしかできないアウトプットです。

 

あなたが学んだ知識や、

経験をあなたの思いを乗せて、

誰かに直接伝えることができれば、

それだけで「家業・事業全体」を売り出すことになります。

 

あなたが学んでいる知識を家業・事業の代表として、

他の企業のトップに伝えることは、

あなたの家業・事業のビジネスチャンスを増やす

大きなきっかけになるでしょう。

 

3:社内研修型アウトプット

これは、

あなたの家業の従業員、事業の社員に対して

学んだ知識をアウトプットしていくことです。

 

このアウトプットの良いところは、

あなたという家業・事業の経営者としての知識や経験を

従業員に伝えることで、

 

従業員それぞれが「経営者」の視点

を得ていくきっかけになります。

 

もっとも強い組織・会社は、

「従業員一人一人が経営者の視点を持っていることだ」

 

ということが言われますが、

 

あなたの知識や経験を従業員と共有することで、

あなたの家業・事業に携わる人たちを

「最強の集団」に育てていくことができるのです。

 

アウトプットがあってこそ「生きた知識」が手に入る。

 

先ほどの3つのアウトプットをご覧になって、

「自分の知識はどれに使えるかな?」

感じられた方は、

非常に素晴らしい視点を既に持つことができています。

 

何が言いたいのかと言うと、

知識は使うところがあって初めて生きるものであり、

自分が何に使うのかを明確にしている知識を集めることが、

もっとも良い「学び方」なのです。

 

学生はテストで良い点を取る為に知識を蓄えます。

(テストで良い点を取る=優秀かどうかは別の問題ですが)

 

つまり、僕たちは子供の頃は自動的に

「今学んでいる知識を何に使うのか?」

という目標が明確になっていたわけです。

 

ですが、

大人になり、

何を目標とするのかを自分で決める必要が出てくると、

 

今まで目標が自動的に決まっていた分、

なんのために学ぶのか?

という目標があやふやなまま、

 

「足りないもの」を埋めようと

知識ばかりを追いかけてしまうのです。

 

「足りないもの」は出してこそ見えてくる。

 

もちろん、

家業・事業を継いで

豊かな人生を手に入れるために、

自分に不足しているものを補っていくことは大切なポイントです。

 

ですが、

「どんな知識が足りないのか?」

「なんのための知識が足りないのか?」

これらが明確になっていなければ、

本当に必要な知識を手に入れていくことができません。

 

今の自分に必要なものは何か?

自分が足していくべき知識は何か?

 

これらを明確にしていくためには、

「使う場所」「目的」を設定していくことが必要であり、

その場所、目的こそが「アウトプットの場」なのです。

 

 

家業・事業を成功させるために「生きた知識」を使おう

今までを読んで、

 

家業を継ぐ後継者、

事業を継ぐ2代目社長にとって、

なぜアウトプットが重要なのかをご理解いただけたと思います。

 

知識はあくまで

「人生をよりよくしていくための道具」であり、

その量が多いことに越したことはありません。

 

しかし、量よりも大切なことは、

その知識をいかに使っていくのかという

「用途」の部分です。

 

・必要だ、大切だと思っていた知識が使ってみると

意外とそうでもなかった。

・自分としては大した知識ではないと思っていたけど、

使ってみるととても効果が高いものだった。

 

こんなことは、よくある話です。

 

是非、あなたが今まで蓄えた知識や経験を

どんどん使って、

 

家業を継ぐ後継者、

2代目社長としての人生をより良いものにしていきましょう。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

私が考える「家業とは?」

なぜあの人は半年間で変わったのか?受講者様の声

  • 興味はあるけど、具体的にどう変わっていけるの?
  • なんで自分だけの哲学が必要なの?

と疑問に思われた方はぜひ、お読みください。

あなたの家業の未来に必要なこと

後継者のための無料メール講座配信中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください