甘い・勘違い・無能・・2代目社長が世間のイメージの変えるために必要なこと

こんにちは。涌田です。

 

今日のテーマは、

・社長の息子・後継者で、「甘い考えを持っている」と思われている。

・2代目社長は「苦労知らず」というイメージを変えて、他人から尊敬される人間になりたい。

・「会社は2代目か3代目が潰す」なんて言われたくない。

 

このような悩みや不満をもたれている

2代目社長・親の会社を継ぐ後継者のあなたに向けて、

 

2代目社長のイメージをあなたが変えて、

会社をより良い方向に進めていくために考えるべきポイント

 

をお伝えしていきます。

 

2代目・後継であることに負い目はいらない

 

・あいつは親が社長でいいよなー。

・社長の息子って甘い考えの奴に違いない。

・先代と違って2代目は苦労を知らないから・・・。

 

親が社長だったっり、

2代目経営者として会社のトップになる後継者は、

 

世間からこのような目で見られることも少なくありません。

 

実際、私も生まれてから今まで、

このような「妬み」「批判」を何回も受けました。

 

それでも、私があなたに伝えたいことは、

 

2代目社長であることに何も負い目を感じなくていい。

 

ということです。

 

親が会社を経営していた。

先代社長が2代目として自分を選んでくれた。

 

これらは、負い目を感じるよりもむしろ「ありがたいこと」であり、

先代から引き継いだ家業・会社を使って、

 

あなたの思い通りの人生を歩んでいくチャンスがあなたの目の前にある。

 

ということです。

 

家業の後継者として生きることについての詳細はこちら。

家業とは何か?について実際に家業を継いだ30代が改めて考えた

 

自分が後継者である。

2代目社長になった。

 

ということは、

感謝すべきことであり、

 

何も負い目を感じる必要はありません。

 

むしろ私から言わせれば、

 

親が会社を経営している、

2代目社長・後継者になれるチャンスがあるのに、

 

継がない。

 

という選択をした人の方がもったいないと思います。

 

 

2代目社長・後継者としてあなたが考えなければいけないことは、

周囲の人が何を言っているか?

ということではなく、

 

・親・先代社長から引き継いだ会社をどうしていくか?

・2代目社長としての人生をどう過ごしていくか?

 

という「自分と会社・家業の未来」についてのことだけでいいのです。

 

他人を気にせず、自分と会社のことだけに集中する

他人の批判なんて耳を貸さなくてもいい。

 

とはよく言いますが、

 

2代目社長・後継者は「人の言うこと」がとても気になる人が多いです。

 

実際、私に相談される人の大半は、

 

先代社長がこう言ったんですが・・・

従業員にこう言われるんですが・・・

 

など、

 

自分以外の他人の意見に耳を傾ける。

 

という意識が高い真面目な方が非常に多いと感じています。

 

もちろん、

他人からの意見・アドバイスには耳を傾け、

使えそうなものは採用していく必要があります。

 

しかし、

 

「批判」や「妬み」にまで耳を傾ける必要はありません。

 

「批判」や「妬み」を気にするようになると、

 

せっかくのあなたの素晴らしいアイデアや方針が

周囲の目を気にするあまり、埋もれてしまうことがあるからです。

 

では、

 

他人のあなたに対する「批判」や「妬み」に惑わされず、

2代目社長として自分の理想の会社・未来を作っていくにはどうすればいいのか?

 

それは、

 

あなたが会社と自分の将来に対して、

 

「夢中になれるもの」

「情熱を注ぐことができるもの」

 

を見つけていく必要があります。

 

批判を無視してあなたが心から望むものへ突き進む。

 

なぜ「情熱をそそげるもの」や

「夢中になれるもの」があれば

 

批判など、

不必要な他人の意見をあなたが気にならないようになるのか?

 

その理由は、人は、

 

・心から正しいと思えるもの。

・心から成し遂げたいと思えるもの。

 

こういったものに対しては、

「何がなんでも手に入れたい」という「自己実現欲求」が働くからです。

 

「自己実現欲求」とは、

 

心理学の言葉で、性欲・食欲・睡眠欲など、

人が持つ色々な次元の欲求のなかで、もっとも高度な欲求とされています。

 

つまり、

「何がなんでも手に入れたい」という

「自己実現欲求」を満たすことが、

 

人にとって最も幸せな状態である。

 

ということです。

 

その自己実現を満たすためであれば、

人は他人の批判や妬みなど「世間の目」は気にならなくなるのです。

 

その代表的な例が、

2015年のラグビーワールドカップで、

日本代表が南アフリカから奇跡的な勝利を手に入れた瞬間です。

 

 

 

 

 

 

当時の日本と南アフリカは、

「高校生とプロの選手が試合をする。」

と例えられるほど実力差があり、

 

誰も日本が勝つとは思っていませんでした。

 

試合終了前の最後の1プレーの段階で、

日本は3点差で南アフリカに負けていました。

 

次の1プレーが終わった時点で、試合は終わります。

 

日本に残された選択肢は、

・キックで3点を獲得し、確実に引き分ける。

・トライを狙いに行って、リスクを犯しても勝ちに行く。

 

という2つしかありません。

 

実はここで、コーチであるエディージョーンズは、

「キックで同点」を指示します。

 

負けて当たり前の南アフリカ相手に引き分けなら大満足。

と思うのは当然でしょう。

 

しかし選手たちには、

 

・自分たちは勝つためにここにいる。

・勝つために毎日厳しいトレーニングをしてきた。

 

という

「何がなんでも勝ちたい」という思いがありました。

 

その結果、

 

コーチの指示を無視してトライを狙いに行く決断をしたのです。

 

その結果、日本は見事にトライを獲得し、

超強豪の南アフリカ相手に「世紀の番狂わせ」を起こしたのです。

 

何が言いたいのかというと、

 

あなたが他人の批判や妬みが気になる。

 

ということは、

 

あなた自身、2代目社長・後継者として

1人の人間として、

 

心から情熱を注げるもの、

夢中になれるものができていない可能性がある。

 

ということです。

 

まだ自分が情熱を注げるものが見つからない。

一体自分は何に対して夢中になれるのだろう。

 

と思われる2代目社長・後継者のあなたは、

これからお伝えする内容を是非参考にしてください。

 

あなたが情熱を注げる2つのこと

 

人が情熱を注げるもの・夢中になれることは、

2つしかありません。

 

その2つとは、

  1. あなたが「これは価値がある」と思えるもの。
  2. あなたが「好きだ」と思えるもの。

 

というものです。

 

あなたが会社を継ぐ2代目社長として、

他人に惑わされずに

これからの人生を生きていくためは、

 

価値があると思えるもの。

好きなこと。

 

この2つを突き詰めていくしかありません。

 

「価値がある」と思えるもの。

 

あなたが「これは価値がある」と思えるものはなんでしょうか?

 

ここでいう「価値」とは、

 

世の中にとって有益なもの。

人々や世の中をより良い方向へ導くもの。

 

という「社会的な価値」のことです。

 

そして、

 

その「価値あるもの」は、

あなたが2代目社長・後継者として経営している

会社・家業の哲学や、商品・サービスのことです。

 

もし、「自分の会社にはない」と思われるのであれば、

価値あるものを作っていく必要があります。

 

私の場合、

「人の本来の健康に役立つもの」という価値を高めていくために、

厳選された原料・成分を含有した漢方薬のみを扱うことにし、

 

・その漢方薬がどのように役立つか、

・どうすればより人に知ってもらえるのか?

 

ということを夢中になって学びました。

 

あなたが2代目社長として周囲に惑わされないために、

「価値あるもの」を会社・家業で見つけてみましょう。

 

好きだと思えるもの。

 

次に、

あなたが「好きだ」と思えるものを見つけます。

 

「好き」はなんでもかまいません。

 

環境・仲間・趣味など、

あなたが「好きだ」と思えるものです。

 

私の場合、

「人にアドバイスをすること」が好きなものだと気づくことができました。

 

自分の健康状態に疑問を感じ、

より良い生活を送りたいと思っているお客さま。

 

2代目社長・後継者として、

会社・家業をついだ人々。

 

自分自身の「好き」を突き詰めて、

この両者と共に、どうにかしてより良い未来を作っていきたい。

という思いが私の家業と、

今の後継者のためのコーチという仕事を支えています。

 

理想の未来へ情熱を注ぐ

 

・価値があると思えるもの。

・好きだと思えるもの。

 

この2つが見つかれば、

次にあなたがやるべきことは、

 

価値あるものと好きなものを使って、

 

「理想の未来を手に入れる。」ことです。

 

理想の未来とは、

あなたが2代目社長・後継者として、

 

会社の価値あるものを世の中に届けた結果、

世の中がどうなるのか?

 

あなたの「好き」を突き詰めていった結果、

あなた自身がどんな姿になっているのか?

 

ということです。

 

つまり、

「価値あるもの」と「好きなもの」で情熱を生み出し、

その情熱の矛先を設定するということです。

 

最初のラグビー日本代表の例で言えば、

 

「勝利」という価値あるものと、

「ラグビー」という好きなものに情熱を注ぐことで、

 

「ワールドカップで勝利を手にする」という、

自分たちの理想の未来を目指すことです。

 

理想の未来は、

「あなたにとっての理想」で構いません。

 

なぜなら、

 

あなたの理想はきっと従業員やお客様・家族など、

人々を幸せな未来へ導くものだからです。

 

あなたが「成し遂げたい!」と心から思える

理想の未来があれば、

その未来に対して批判する人がいても気になりません。

 

なぜなら、

理想の未来を実現することは、

人にとって最も高度な欲求である「自己実現欲求」に他ならないからです。

 

あなたの行動が、他人の評価を変えていく。

 

理想の未来を設定し、その実現に向けて行動していけば、

あなたは他人の批判や妬みを気にならなくなります。

 

そして、行動をつづけることで、

他人の2代目社長・後継者としての

あなたへの評価も自然と変わります。

 

あの2代目社長は面白い!

後継者になってから、あの会社はよくなった!

 

他人の意見や評価は、あなたの行動で必ず変わります。

あなたが2代目社長として、より良い未来を作るために、

 

是非、あなたが情熱を注げる、夢中になれる「理想の未来」を

設定してみてください。

 

この記事を読んだあなたには、こちらの内容もおすすめ!

2代目社長・後継者が社員との関係に悩んだら考えるべき3つのこと

家業は楽しいですか?

ここまでを読んでいただいたあなたは、

ビジネスや人間関係など、

様々なことをすでに学んでいる方だと思います。

 

しかし、それでも

家業の後継者・2代目社長としての

今の自分自身に何か

 

“不安”や”迷い”

あったり、

 

家業について,

 

何か悩みがあるのではないでしょうか?

 

そんなあなたに一つだけ、

質問があります。

 

それは、

 

「家業が楽しい」と心から言えますか?

 

ということ。

 

今回あなたに、

6日間の無料メール講座

あなたにお届けすることになりました。

 

・家業・会社を継ぐ後継者に必要なこと

・ビジネスを円滑に進める知識

・人間関係を改善する方法

 

などを6日間毎日お伝えすることで、

家業を継いだことで生まれる

不安や迷い、悩みを解消するための

 

「人間力」

「ビジネス力」

「マネジメント力」

が身につきます。

 

このメール講座を無料で受講していただくだけで、

 

今まであなたが悩んでいたことを

一気に解決するヒントが見つかり、

家業を天職にすることができます。

 

家業を天職にすることができれば、

 

ビジネスも、

人間関係も、

そして、

あなたの生き方そのものが

より良いものになっていくでしょう。

 

・家業が本当に楽しい!

・家業を継いで良かった!

・家業、そして自分自身の未来が

より良いものになる!

このように確信できる毎日を過ごしてみませんか?

 

6日後にはあなたの人生観・仕事観が

大きく変わっているはずです。

私が考える「家業とは?」

なぜあの人は半年間で変わったのか?受講者様の声

  • 興味はあるけど、具体的にどう変わっていけるの?
  • なんで自分だけの哲学が必要なの?

と疑問に思われた方はぜひ、お読みください。

あなたと家業の未来を変えるためのプログラム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

涌田 義信

【涌田義信】 奈良県生まれ 北海道在住 1988年生まれ 横浜市立大学を卒業後 某大手食品メーカーに就職し、1年半で退職。 その後、祖父の代から続く家庭用医薬品販売会社 わくた漢方(株)で3代目として活動中。 2代目社長・後継者にとって、 この世の中が「ホームグラウンド」になるための情報を発信中。