【家業を継ぐ子供の悩み】親の七光りは幸せなのか?

こんにちは。

2代目3代目社長が親を超えるためのコーチ、涌田義信です。

僕は父の会社を継ぐようになってから、

よくクライアントや取引先の人に

お坊ちゃんでいいねー。

なんて言われて悔しかった経験が多々ありました。

 

次期社長

実家が会社を経営している。

親が経営者。

これは世間から見れば羨ましいことかもしれません。

 

しかし、裏を返せば何もしていなくても

親の七光り

お坊ちゃん

考えが甘い

というような、印象を与えてしまうことになります。

 

では、本当に2代目3代目社長は、考えの甘い

お坊ちゃん気質なのでしょうか?

 

家業の後継は「親の七光り」で甘い?

 

2代目社長がお坊ちゃん気質の甘い考えの持ち主かどうか?

先日のブログでも書きましたが、これは真逆です。

 

財閥系の大企業などの後継者なら、お坊ちゃん気質かもしれませんが

中小企業経営者の子供、つまり後継者は

世間が思うような甘い考えの持ち主ではありません。

 

むしろ小さい頃から、

世間を渡り歩く厳しさ

を親から叩き込まれます。

 

いかに商売が難しいか

いかに社長業が大変か

 

親が何も言わずとも、幼い頃から

社長である親の背中を見て

世の中を生きていく難しさを無意識的に

覚えてしまうのです。

 

具体的すぎる、思考の抽象度

創業者は、会社を大きくするためにあらゆる手立てを考えます。

その中で自然と、抽象的な思考方法

つまり、広い視野で経営や人生を見る視点が身についていきます。

 

しかし、子供に対しては逆に非常に抽象度の低い

具体的なスキルや、経営方法、お金の管理など

生き抜くすべを伝えるだけになってしまいがちです。

 

そうなると、いざ2代目・3代目が後を継ぐと

会社が今までやってきたことをいかに効率的にするか。

いかに利益を生む体質にしていくか。

このことだけに考えが向くようになるのです。

 

創業者は人情。後継者は非情。

会社を存続させる、利益を大きくする。

という経営方針をとっていくと、古参の社員は

先代は俺たち社員を大切にしてくれたが、

2代目・3代目はお金のことしか頭にない。

と言うようになってきます。

 

また、倒産のリスクを回避するために失敗を恐れますから

周りから見ると、先代の頃から会社として成長していないように見え

いくら頑張っても

親の七光りで食ってる2代目・3代目

というレッテルを貼られてしまうのです。

 

後継ぎが輝いていくために。

 

2代目社長・3代目社長が、

「親の七光りだ」「お坊ちゃんだ」

と言われないためには、

自分が光るしかありません。

 

2代目になって会社が変わった。

3代目になって、社員の考えや姿勢が変わった。

 

こう言われるような影響力を示していく必要があるのです。

 

会社が提供する価値を見直す。

 

経営の抽象的思考の必要性を示すお話として、

かつてアメリカの鉄道会社の1つだった

ペン・セントラル鉄道という鉄道会社のお話をしましょう。

 

 

アメリカ大陸は広大なため、一度に陸地で荷物や人を長距離輸送

できる鉄道は、ある意味もっとも堅い業種の1つでした。

 

ですが、飛行機の発明と発展によって長距離鉄道の立場が危うくなったのです。

そのとき、経営陣は何をしたか?

 

たくさんの線路を張り巡らせて、鉄道網を強化し、値下げも行いました。

 

その結果

 

ペン・セントラル鉄道は飛行機との競争に破れ、破産したのです。

 

これが、抽象度の低い経営の危うさです。

 

何が言いたいかというと

 

このペン・セントラル鉄道経営陣は

 

うちの会社は鉄道サービスの会社だ。

と考えていました。

 

だから、飛行機が出てきた時に、その対抗として

線路を張り巡らせて、交通網を便利にしたり

料金の値下げで対抗しようとしていたのです。

 

ですが、考えの抽象度を1つあげて

うちの会社は、人やモノを運ぶ会社だ。

 

と考えればどうでしょう?

 

成功した鉄道会社であれば、新たな交通網として

飛行機に参入するくらいの資金力はあったはずですし、

鉄道と飛行機の長距離輸送での利便性を比較すれば

それに対抗しようとは思わす、むしろ仲間にしようと思うはずです。

 

自分の目の前のことが、経営の全てである。

 

という思考は、時代の変化についていけませんし

たとえ生き残っても、記憶に残る人は

創業者だけなのです。

 

抽象度を上げるには視野を広げる

でも、抽象的な思考なんてどうやったらできるんだ!

と思ったそこのあなた。

ご安心ください。

抽象度をあげて、物事を見る、思考するために必要なことは

1つだけです。

 

それは、

人生を楽しむこと。

もっと具体的に言えば、

仕事以外の趣味や家族、友人などの人間関係、

自分の健康や自分が住んでいる地域などの

ゴール、つまり目標を立てることです。

 

仕事にばかりフォーカスしていると、

抽象的な思考はほとんど生まれません。

 

あなたが達成したい目標の幅を広げるのです。

趣味や家族、友人などの人間関係で

あなたがなりたい姿を作り、

仕事以外のゴール達成にも挑んでみましょう。

 

成長とは視野の広がりである。

 

僕はセミナーをするたびに

参加者の皆さんにお伝えしていることがあります。

それは

 

成長とは視野が広がることである。

視野が広がることは、幸せになることである。

 

ということです。

視野を広げるには、高い視点で物事を見れるようになるしかありません。

高い視点を得るには、成長するしかありません。

これは、思考でも、物理的にもそうですよね?

 

大人は子供よりも目線が高い。

これは身体的にもそうですし、思考能力も同じです。

 

仕事にフォーカスすると、初めは成長できるかもしれませんが

いずれ伸び悩みます。

そこで、あらたな栄養素として、趣味や人間関係、健康のゴールを

あなたの成長のために取り入るのです。

 

そうすれば、あなたが今までになかった視点が手に入ります。

趣味や人間関係で、たくさんのことを学ぶんだり、知識を得るからです。

 

その学びや、知識は直接仕事には関係ないことがほとんどかもしれません。

 

しかし、

あらたな視点を手に入れるたびにあなたの脳はさらにクリエイティブになります。

 

できる人ほど、趣味やチャリテー活動を熱心に行なっているということは

あなたもご存知だと思います。

ホリエモンこと堀江貴文氏や、ビルゲイツ、ウォーレン・バフェット、ステーブジョブズもそうです。

 

彼らは、抽象的な視点を得るためにやっていたわけではありませんが

無意識的に、たくさんのゴール、目標を設定することは

良いことだと感じていたのでしょう。

 

2代目・3代目社長は仕事に対してストイックであらねばならない。

という、あなたの信念は非常に素晴らしいです。

 

しかし、

これからのあなたの会社が光るためには

あなたが光る必要があります。

 

自分をもっと光らせるために、抽象的に

もっと成長しましょう。

 

それでは。

 

追伸:パーソナルコーチング体験のお知らせ。

 

僕のパーソナルコーチングは基本的に

1回150,000円で行なっているのですが、

12月末までの間、1回5,000円で皆様に

パーソナルコーチングとはどんなものかを体験していただこうと

思い、この体験会を開催します。

 

基本的には北海道内、札幌ですが

東京や大阪でも日程次第では体験を受けていただくことが

可能です。

 

東京日程

11/9(金) 15:00-20:00 限定3名 50分/人

場所 東京都内(お申し込みの方に直接ご案内します。)

 

北海度

10/28(日)16:00-20:00

11/12(日) 16:00-20:00

その他の日程をご希望の場合でも、可能な場合があるので

お問い合わせください。

会場が遠くて行けないという方は

Skypeでのパーソナルコーチング体験も可能です。

 

お申し込みの方は

下記のお問い合わせフォームから必須事項をご記入の上

お申し込みください。

 

 

なぜあの人は半年間で変わったのか?クライアント様の声

  • 興味はあるけど、具体的にどう変わっていけるの?
  • パーソナルコーチングを受けたら本当に自分は変われるの?

と疑問に思われた方はぜひ、お読みください。

あなたが半年間で「自分史上最高の後継者としての自分」を手に入れる

限定10名!特別無料トライアル無料セッション実施中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください