親の会社で働くあなたが「給料が少ない」と悩んでいるならやるべきこと

みなさんこんにちは。

涌田です。

 

今日のテーマは、

・親の会社の2代目として働いているけど給料が少なすぎる・・・

・修行時代は給料は安くて当然と言われて絶望してる。

・社長はたくさん給料もらってるのに、2代目の自分は不当に扱われている・・

 

と悩んでいるあなたが、

 

親の会社で働くうえで、給料をあげていくためにやるべきこと。

 

をお伝えしていきます。

 

見習い時代はこんなもんだろ?

親の会社で働くあなたが、

 

収入が少なすぎる!

 

と不満に思う気持ちはすごくわかります。

 

私も家業を継いで2年間くらいは、給料が8万円くらいでした。

 

仕事があるだけありがたいと思え!

 

的なスタンスで、先代である父は給料を設定していたと思うのですが、

 

月に休みが2日ほどで、給料8万はないだろう・・・

 

と、ずっと不満を募らせていました。

 

じゃあ、

 

親の会社で働く自分が給料を増やすためにはどうしたらいいのだろう?

 

今回は、私がそんな状況から

親の会社からもらう給料を増やしていった考え方と行動をお伝えします。

 

ステップ1 「給料とは何か」を考える。

給料をもらう。

 

とは言っても、果たして給料とはなんだろう?

 

まず私は、そこから考えるようにしてみました。

私が出した結論は、

 

自分が会社に対して生み出した「価値」の対価。

 

というものです。

 

今、親の会社を継いで思うことは、

 

給料=お金とは何か?

 

という考え方が、

その人の将来的な収入をとてつもなく大きく左右する。

ということ。

 

毎日12時間働いてこれだけの給料か・・・

と考えている人は、正直に言って

将来的にもたくさんお金を稼ぐ、収入をあげていくことは難しいと思います。

 

なぜなら、

お金は、働いた時間で生まれるものではなく、

あなたが生み出した「価値」の分だけ「対価」としてあなたに届くからです。

 

〇〇時間働いて給料がいくら。

 

という考え方は、普通のサラリーマンであれば問題ないです。

 

しかし、

 

あなたが親の会社で働いている。ということは、

将来的に2代目社長、経営者になるわけですから、

 

あなたが将来的に親の会社を継いで、2代目社長として成功していくために

すぐにでもあなたの「お金」に対する考え方を再考していくべきでしょう。

 

ステップ2 給料を増やすために必要なことを考える

先ほどもお伝えした通り、

 

給料=お金とは、

自分が会社に対して生み出した「価値」の対価。

 

だとすると、

当時の私が給料を増やすためにやるべきことは1つです。

 

それは、

会社に、今よりも大きな価値、または新しい価値を生み出すことです。

 

・今携わっている親の会社の、既存の事業の価値をさらに大きくしていく。

・親の会社が今やっていない新しい事業を創生し、新しい価値を生み出す。

 

この2通りの方法が、自分の給料を増やす最短の道だと思いました。

 

あなたが今親の会社で働き、「給料が少ない」と思うのであれば、

何か新しい価値を会社に生み出すことを考えていく必要があります。

 

私の場合、結果的に

既存の事業の売り上げをさらに伸ばしていくことで、給料を上げることができ、

日本の大手企業で働く同世代以上の給料は見習い時代にもらえるようになりました。

 

「会社に対する価値」と言っても、やり方は色々あります。

  • 営業で新しい売上を会社に生み出す。
  • 新しい人事システムを構築し、社員のモチベーションを高める。
  • 会社の新しい経営戦略・事業を打ち出し、新規事業として親の会社を新しいステージへ導く。

 

など、あなたができることはたくさんあるはずです。

 

ステップ3 自分はどんな価値を世の中に提供するのか?

会社に提供する価値は、文字通り会社の売上や業績に反映されるものです。

 

しかし、その原点を辿るとあなたが何をしていくべきかがわかります。

 

会社に新しい価値・今よりも大きな価値が生み出されるということは、

会社として世の中に何かしらの価値を提供しているということです。

 

つまり、

 

あなたがこれからやっていくこと、

やりたいことが、

世の中に対して、「価値あるもの」として伝わらなければいけません。

 

あなたが「価値あるもの」を世の中に提供していくためには、

 

あなた自身が本気で、

「この仕事は世の中にとってこんな価値がある。」

「この仕事が世の中に与えるものは素晴らしいものだ!」

 

と思えるものを考えていかなければいけません。

 

親の会社で働く私たちは、親から仕事への考え方や向き合い方を学びます。

 

ですが、

 

あなたが新しい価値を世の中に生み出していくのであれば、

親や先代社長の考え方ではなく、

 

あなた自身が自分の仕事において、

「これは素晴らしい」

「これは世の中にとって価値がある」

と本気で思えるものを考えていかなければならないのです。

 

私自身、修行時代は親や古参社員がやっていることをただ真似しているだけで、

「自分自身の仕事が世の中に与える価値」は考えていませんでした。

 

しかし、

 

私がやっている医薬品販売の「価値」とはなんだろうか?

 

と考え、色々なことを学んだ結果、

「基準や数値で人の健康を測るのではなく、その人本来のあるべき姿を取り戻してもらうこと」

 

という親の会社で自分が世の中に提供したい「価値」を生み出すことができました。

 

なぜ自分自身で仕事の価値を考えないといけないのか?

 

その理由は、

 

人は自分で考え、自分がやりたい!

と思えるものにしか、情熱を注ぐことができないからです。

 

親の会社で働く2代目社長候補が失敗する原因は、

親や先代社長の価値観をそのまま取り入れてしまい、事業に対する情熱を注ぐことができないからです。

 

あなたが何か新しい価値を世の中に提供し、その結果親の会社にお金を生み出す。

 

そのためには、あなたが心から「世の中に届けたい!」と思える、

 

あなた自身の仕事の哲学・コンセプトを構築する必要があるのです。

 

お金は「もらうもの。」ではなく、「生み出すもの。」

これまで、親の会社で働く次の社長候補、

2代目社長候補のあなたが給料が少ないと思う時に考えるべきことをお伝えしてきました。

 

3つのステップの中でまずあなたが変えていくべきことは、

お金・給料に対する考え方です。

 

本当に大切なので何度も言いますが、

 

あなたが2代目社長、次の経営者になるつもりであれば、

お金はもらうものではなく、生み出すもの。

という認識を持つ必要があります。

 

だからこそ今、あなたが親の会社で「給料が少ない」と悩んでいるのであれば、

 

どうすればもっと自分が生み出す価値を大きくしていくことができるか?

 

そして、あなた自身、どんな価値を世の中に生み出したいのか?

 

を今から考える必要があります。

 

下世話な話ですが、

経営者は稼いでナンボです。

「稼ぐ」ということは、ズルイことをすると言う意味ではありません。

 

より多くの素晴らしい価値を世の中に提供し、その対価としてお金をもらう。

 

ということです。

 

2代目社長・親の会社の後継者としてあなたも是非、たくさんの価値を世の中に生み出し、

たくさんの給料をもらえるようになりましょう。

 

 

 

 

 

家業は楽しいですか?

ここまでを読んでいただいたあなたは、

ビジネスや人間関係など、

様々なことをすでに学んでいる方だと思います。

 

しかし、それでも

家業の後継者・2代目社長としての

今の自分自身に何か

 

“不安”や”迷い”

あったり、

 

家業について,

 

何か悩みがあるのではないでしょうか?

 

そんなあなたに一つだけ、

質問があります。

 

それは、

 

「家業が楽しい」と心から言えますか?

 

ということ。

 

今回あなたに、

6日間の無料メール講座

あなたにお届けすることになりました。

 

・家業・会社を継ぐ後継者に必要なこと

・ビジネスを円滑に進める知識

・人間関係を改善する方法

 

などを6日間毎日お伝えすることで、

家業を継いだことで生まれる

不安や迷い、悩みを解消するための

 

「人間力」

「ビジネス力」

「マネジメント力」

が身につきます。

 

このメール講座を無料で受講していただくだけで、

 

今まであなたが悩んでいたことを

一気に解決するヒントが見つかり、

家業を天職にすることができます。

 

家業を天職にすることができれば、

 

ビジネスも、

人間関係も、

そして、

あなたの生き方そのものが

より良いものになっていくでしょう。

 

・家業が本当に楽しい!

・家業を継いで良かった!

・家業、そして自分自身の未来が

より良いものになる!

このように確信できる毎日を過ごしてみませんか?

 

6日後にはあなたの人生観・仕事観が

大きく変わっているはずです。

私が考える「家業とは?」

なぜあの人は半年間で変わったのか?受講者様の声

  • 興味はあるけど、具体的にどう変わっていけるの?
  • なんで自分だけの哲学が必要なの?

と疑問に思われた方はぜひ、お読みください。

あなたと家業の未来を変えるためのプログラム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

涌田 義信

【涌田義信】 奈良県生まれ 北海道在住 1988年生まれ 横浜市立大学を卒業後 某大手食品メーカーに就職し、1年半で退職。 その後、祖父の代から続く家庭用医薬品販売会社 わくた漢方(株)で3代目として活動中。 2代目社長・後継者にとって、 この世の中が「ホームグラウンド」になるための情報を発信中。