親の会社・家業を継ぐときに考えるべき3つのポイント〜2代目社長として失敗しないために〜

みなさんこんにちは。

涌田です。

 

今日のテーマは、

・親の会社で働く時に、何が重要なのか知りたい。

・会社を継いだ2代目社長として、もっと活躍していきたい。

・親の会社を継いだけど、いまいちうまくいかない。

 

という悩みや不安を抱えている方に向けて、

 

親の会社を継いだ2代目社長が考えるべき3つのこと

 

をお伝えしていきます。

 

親の会社をただ引き継いだだけでは、いつか限界がくる。

私が家業であるわくた漢方株式会社を継いでから、

2019年で6年目に入ります。

 

家業を継いだ時は、先代社長である父や、

古参の従業員のおかげで、順調な毎日を過ごしていました。

 

しかし、

家業を継いでから2,3年あたりから、

売り上げも利益も目に見えて落ちていき、「このままだと将来やばいぞ・・・」

という不安を覚えるようになっていきます。

 

親の会社、家業は何十年と続いてきたものがほとんどで、

伝統も魅力もあるものです。

 

ですが何十年続いているということは、

家業のビジネスモデルが時代にそぐわない。

賞味期限切れになっている可能性もあるのです。

 

業績が振るわないことは目に見えているのに、

何をどうすればいいかわからない・・・

 

こんな日々が続き、夜も眠れない。

 

そんな辛い状況を打破できたのは、

ビジネスや人の本質を知ることができたことがきっかけでした。

 

もし、あなたが以前の私のように、

 

親の会社を継いだけど、業績がどんどん悪い方向に進んでいる・・・

 

と悩まれていたり、

 

以前の私のように、親の会社を継いでから大変な思いをしたくない!

 

このように思われるのであれば、

是非、これからお伝えする3つのことを考えてみてください。

 

親の会社を継ぐあなたが考えるべき3つのこと。

親の会社をあなたが継いでいる、

またはこれから継いでいくのであれば、是非とも考えていただきたい“3つのこと”があります。

 

それは、

  1. 先代から何を受け継ぎ、何を捨てるのか?
  2. 何をどう売るのか?
  3. 会社にとっての理想の人間関係とは?

 

という3つのテーマです。

 

それぞれが”会社”にとってとても重要なことであり、

親の会社、家業をより良いものに変えていくために必要なものです。

 

2代目社長が考えるべきことその①

 

先ほどもお伝えしましたが、

親の会社・家業は、数十年続いてきたものであるがゆえに、

ビジネスモデルが今の時代に合っていない可能性があります。

 

何十年と続いてきた有名な企業や事業がダメになってしまうのは、

時代の変化に会社が継いていけないことが原因であることがほとんどです。

 

その理由は、親から会社を引き継いだ2代目社長の多くが先代の頃のやり方・会社の方針を守ろうとしてしまうからです。

 

あなたが親の会社を継いで会社や、あなた自身の人生をより良いものにしていくためには、

2代目社長として何を受け継ぎ、何を捨てるのかを考える必要があります。

 

先代から何を受け継ぎ、何を捨てるのか。

先代社長からあなたは何を受け継ぐべきでしょうか?

 

色々なことが思い浮かぶかもしれませんが、

2代目社長としてあなたが受け継ぐべきものは、

 

「質」

「レベル」

 

です。

 

「質」とは、

 

商品・サービスの品質

技術力

お客様の質

 

など企業活動の基本となる「質・レベル」をまずは維持しなければいけません。

 

プラダやシャネルが急に3,000円のバッグを売るようになると、

企業イメージは大いに下がり、もともと顧客だった人もいっぺんに離れてしまいます。

 

逆に、ダイソーが5万円のシャツを売ったとしても誰も買おうとは思いませんよね?

 

よりよい商品・サービスを提供するには、ある程度の訓練が必要になるからです。

 

このように、

「質」が急に変わってしまうと、どんな新商品・新事業も上手くいくはずがありません。

 

あなたが親の会社を引き継いでまず守るべきは、会社の「質」であり、「レベル」なのです。

 

 

では次に、

親の会社を継いだあなたは先代の何を捨てるべきなのでしょう?

 

それは、

 

“あなたが何のために事業を展開していくのか?”

“会社として何を成し遂げていくのか?”

 

という「使命」です。

 

使命は、

自分はこういった世の中にしたいけど、実際は違う。

だから世の中にこの商品・サービスを届けていきたい。

 

という理想と現実のギャップから生まれます。

 

あなたの親・先代も何かしらの使命をもち、事業を展開してきたはずです。

 

しかし、

親・先代の使命をあなたが受け継ぐことは非常に危険なのです。

 

なぜなら、

あなたが会社を引き継いでいく「これからの世の中」と、

先代、親が創業した時の世の中は明らかに違うからです。

 

あなたが持つ「これからの使命」を

会社の方針や目指すべき目標に変えていかなければ、

より多くの人々にあなたの会社の商品・サービスが受け入れられることが難しくなってしまいます。

 

このテーマの詳しい内容はこちら

家業を継ぐ人に必要な「修行」と「学ぶ」ことの目的

 

2代目社長が考えるべきことその②

 

あなたが親の会社から何を受け継ぎ、

何を捨てるのかを理解できたあなたが次に考えるべきことは、

 

何をどう売っていくのか?

 

ということです。

 

あなたが親から継いだ会社が大企業でない限り、

 

“商品・サービスのアイデア”とその”売り方”に工夫がなければ間違いなく比較され、価格競争に巻き込まれて破れてしまいます。

 

 

あなたがコーラを買う時、上の写真のように色々なコーラが並んでいたらどれを買うでしょうか?

物好きな人は右の3種類から選ぶかもしれませんが、ほとんどの人は左のコカコーラか、ペプシコーラを買うはずです。

 

何が言いたいのかというと、

 

あなたの会社の商品・サービスがどんなに良いものでも、

写真の右側のコーラのように商品そのものや、売り方に工夫がなければ「売れない」ということです。

 

何をどうやって売るのか?

「商品」の画像検索結果

あなたが親の会社を継いで新しい使命を持ち、

次に考えるべきことは、

 

新しい商品・サービスなど、

どんな新しい価値を提供していくか?

 

ということです。

 

今の世の中が求めているもの。あなたが提供したい価値を考え、

今まで培ってきた「質」を守って新しい商品やサービスを考案していく。

 

このことがあなたが継いだ会社をより良い方向に進めていく時に必要になってきます。

 

しかし、物や情報が溢れた現代では、普通の商品やサービスには誰も見向きもしてくれません。

 

だからこそ、あなたが商品・サービスを考える時に重要なことは、

 

商品・サービスに「ユニーク性」を持たせる。

 

ということです。

 

ユニーク性とは、

 

  • 今までありそうでなかったもの。
  • 2つの違う分野の商品・サービスを合わせた物。
  • もともと備わっていたのに今では忘れられているもの。

 

などです。

 

そんなこと言われても思いつかない・・・

 

という方にユニーク性のある商品の一例をお伝えしましょう。

「うんこどりつ」の画像検索結果

 

発売と同時に、爆発的にひっとした「うんこドリル」シリーズです。

漢字ドリルといえば、真面目なイメージがありますが、子供にとってはつまらない物です。

 

真面目な学習教材に、子供が大好きな「うんこ」を加えるだけで、

ユニーク性が出て、爆発的なヒットになったのです。

 

あなたが継いだ家業・事業に何か新しい価値をくっつける。

今では忘れらているものを新たに伝えていくことで、

あなたの会社の商品・サービスは他と比べられないユニーク(独自)なものになっていきます。

 

そして、次に考えるべきことは

 

商品・サービスの売り方です。

 

“商品やサービスは取りこぼしがないように種類は多い方がいい。”

 

と思われる方もいるかもしれませんが、

実は、商品の種類が多ければ多いほど、

 

つまり、

 

選択肢が多いほど、人は選べない=買わない。

 

ということが、行動経済学の研究で明らかになっています。

 

ですから、あなたが商品・サービスの売り上げを伸ばしていきたいのであれば、

あなたの使命・家業の目標にもとづいて、

 

展開していく商品やサービスを絞っていくとこが大切です。

 

商品・サービスの考え方と売り方の詳しい内容はこちら!

家業が上手くいかない時に考えたい「売り方」と「ユニーク性」

 

2代目社長が考えるべきことその③

 

あなたの使命・会社の目標、そして売り出す商品と売り方を理解できたあなたが、最後に考えることは

 

会社の理想の人間関係

 

です。

 

親から受け継いだ会社には色々な人がいます。

 

先代社長・古参の従業員・あなたよりも年上の部下、パートさん、アルバイト、若手従業員などの

これら会社に所属している人たち。

 

そのほかにも取引先や、お客様などです。

 

ここであなたが考えるべきことは、

社内の人、社外の人、そしてお客様とどういう関係を築いていきたいのか?

 

ということです。

 

あなたの意思に反した関係ができてしまうと、

どれだけ会社・家業の業績がよくなっても、「毎日が楽しい!」とは感じられないでしょう。

 

だからこそ、あなたが社内・社外・お客様という3つの人間関係をどのようなものにしたいのか?

そして、そのためにあなたがどのように取り組むのか?

 

が重要になってきます。

 

会社にとっての理想の人間関係とは?

あなたにとって会社の理想の人間関係はどのようなものでしょうか?

 

トップダウンであなたの意見や考えに忠実に従う。

という関係が理想の人もいれば、

 

社内と社外はトップダウン、顧客には下から。

という方もいるでしょう。

 

ですが、私が考える会社にとっての理想の人間関係とは、

 

全て横=上下ではなく仲間の関係

 

を従業員や取引先、顧客など、会社を取り巻くあらゆる人と築いていくことです。

 

最初に先代から受け継いでいくものは「質」だとお伝えしましたが、

従業員や取引先、お客様の「満足の質」を下げてはいけません。

 

トップダウンであなたの言うことを実行していくことは、社長にとっては一番簡単な社内のマネジメントです。

 

ですが、

トップダウンでは従業員の満足度の質は間違いなく下がります。

 

そして顧客に対してあなたや会社がへりくだることも、あなたの「家業・事業への満足度の質」が低下します。

 

あなたが構築していくべき会社の人間関係は、

 

あなたの使命にもとづいた目標、

実現したい理想の状態に向かって、

一緒に進んでいく「仲間」として従業員・取引先・顧客と「仲間」の関係を築いていくことなのです。

 

理想の人間関係についての詳細はこちら!

家業を継ぐことはなぜ孤独との闘いなのか?

 

親の会社を継いだあなたが考えるべき順番

あなたが親の会社を継いで考えるべき、

 

  1. 先代から何を受け継ぎ、何を捨てるのか?
  2. 何をどう売るのか?
  3. 会社にとっての理想の人間関係とは?

 

という3つのことをお伝えしてきました。

 

もし、あなたが1〜3のうち、

 

「まだどれも考えたことがない」

 

というのであれば、まずは、

 

  1. 先代から何を受け継ぎ、何を捨てるのか?

 

から考えてみることをオススメします。

 

具体的な悩みやアイデアである

  1. 何をどう売るのか?
  2. 会社にとっての理想の人間関係とは?

から先に考えたい・・・

 

という方もいらっしゃるかもしれませんが、

 

実は、

 

1であなたが親の使命や目標を捨てて、

あなた自身の使命・目標を設定しなければ、

 

新しい商品・サービスのアイデアや、売り方、理想の人間関係が明確になりません。

 

土台となるあなた自身の使命・目標

 

あなた自身の使命・目標は、親の会社を受け継いだあなたにとって、

全ての「土台」となるとても大切なものです。

 

土台は大きく、強固なほど高いビルが立ちます。

このビルがあなたの会社・家業の業績やあなた自身の人生の質になります。

 

これぐらいの土台・基礎があれば超高層ビルを安心して立てることができます。

 

逆に、この基礎がおろそかになると、

 

 

こんな風になりかねません。

あなたの使命・目標が正しく設定できれば、

 

その使命・目標を実現するための商品・サービスのアイデアは必ず思いつくことができます。

さらに、あなたの使命・目標に共感する人たちもあなたの仲間として集まってくるでしょう。

 

だからこそ、

 

親の会社を継いであなたが1番に考えるべきことは、

あなたが先代から会社の「質」・「レベル」を受け継ぎ、

「先代が打ち出した方針・使命」を捨てて、

 

あなたが親から継いだ会社・家業で何を目指すのか?

どういった価値を提供していくのか?

 

という基礎を明確にしていくことなのです。

 

親の会社・家業を継いだあなたがより良い人生を歩むために、

是非、今回お伝えした

  1. 先代から何を受け継ぎ、何を捨てるのか?
  2. 何をどう売るのか?
  3. 会社にとっての理想の人間関係とは?

 

この3つのことを考えてみてください。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

家業は楽しいですか?

ここまでを読んでいただいたあなたは、

ビジネスや人間関係など、

様々なことをすでに学んでいる方だと思います。

 

しかし、それでも

家業の後継者・2代目社長としての

今の自分自身に何か

 

“不安”や”迷い”

あったり、

 

家業について,

 

何か悩みがあるのではないでしょうか?

 

そんなあなたに一つだけ、

質問があります。

 

それは、

 

「家業が楽しい」と心から言えますか?

 

ということ。

 

今回あなたに、

6日間の無料メール講座

あなたにお届けすることになりました。

 

・家業・会社を継ぐ後継者に必要なこと

・ビジネスを円滑に進める知識

・人間関係を改善する方法

 

などを6日間毎日お伝えすることで、

家業を継いだことで生まれる

不安や迷い、悩みを解消するための

 

「人間力」

「ビジネス力」

「マネジメント力」

が身につきます。

 

このメール講座を無料で受講していただくだけで、

 

今まであなたが悩んでいたことを

一気に解決するヒントが見つかり、

家業を天職にすることができます。

 

家業を天職にすることができれば、

 

ビジネスも、

人間関係も、

そして、

あなたの生き方そのものが

より良いものになっていくでしょう。

 

・家業が本当に楽しい!

・家業を継いで良かった!

・家業、そして自分自身の未来が

より良いものになる!

このように確信できる毎日を過ごしてみませんか?

 

6日後にはあなたの人生観・仕事観が

大きく変わっているはずです。

私が考える「家業とは?」

なぜあの人は半年間で変わったのか?受講者様の声

  • 興味はあるけど、具体的にどう変わっていけるの?
  • なんで自分だけの哲学が必要なの?

と疑問に思われた方はぜひ、お読みください。

あなたと家業の未来を変えるためのプログラム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

涌田 義信

【涌田義信】 奈良県生まれ 北海道在住 1988年生まれ 横浜市立大学を卒業後 某大手食品メーカーに就職し、1年半で退職。 その後、祖父の代から続く家庭用医薬品販売会社 わくた漢方(株)で3代目として活動中。 2代目社長・後継者にとって、 この世の中が「ホームグラウンド」になるための情報を発信中。