家業を継ぐあなたが見たい景色は?

こんにちは。涌田義信です。

 

今日のテーマは、

・家業の将来が見えなくて、悩んでいる。

・売上が下がり続けて困っている。

・自分の家業に価値を見出せない。

 

というお悩みを持たれているあなたに向けた内容です。

 

家業がどう見えるかはあなた次第

人は心が愉快であれば

終日歩んでも嫌になることはないが、

心に憂いがあれば

わずか一里でも嫌になる。

-ウィリアム・シェイクスピア

 

こんな名言が残るくらい、人が

 

どのように物事を見ているのか?

 

ということは、

 

家業を継ぐあなたにとってとても重要なことです。

 

あなたの家業が将来どうなるか、

どんな可能性を秘めているか。

 

時代に乗り遅れた衰退するだけのものか、

それとも可能性がまだまだある、

未来の明るいものか。

 

あなたの家業と人生が、

今後どのような方向に進んでいくのかは、

 

今、

あなたが自分の家業と人生を

どのように見ているかによって決まります。

 

できると思えばできるし、

できないと思えばできない。

 

というのは、

めちゃくちゃな精神論のようにも聞こえますが、

 

実は、

人がどのようにものごとを捉えているかによって、

結果が変わる。

 

ということは、

 

科学的に証明されています。

 

それは、どのように物事を捉えているかによって、

その人が集める「情報」が変化するからです。

 

見たいものによって見え方が変わる

なぜ、捉え方によって、集める情報が変化するのか?

 

それには、

脳のフィルターである

「RAS」という機能が関わっています。

 

よく、

恋人のことが嫌いになってくると、

その人の嫌なところばかりが目につくようになる。

 

と言いますが、これも実はRASの影響です。

 

自分が恋人が「嫌いだ」という感情を正当化するために、

脳が、恋人の嫌なところを発見しようと情報を集めます。

 

そして、逆に「嫌いだ」ということを否定するような、

恋人の良い部分は「スコトーマ(心理的盲点)」によって隠れてしまい、

 

見えなくなってしまいます。

 

恋人と別れる前に違う異性とであり、

今の恋人の良い部分に再び気づく。

 

ということも、

「異なる異性との出会い」という出来事が、

脳の思考視野(抽象度)を上げ、

 

「今の恋人の良いところ」

 

というスコトーマが外れるからです。

 

話が少し外れましたが、

 

あなたが家業を継ぐ後継者として、

人生をより良いものにしていくのなら、

 

「家業」と「人生」の捉え方を

少し変えてみる必要があるかもしれません。

 

家業を継ぐあなたが感じる「最も価値あるもの」

では、具体的に家業と人生の見方を変えていくときに、

何をもって変えていけば良いのでしょうか?

 

それは、

あなたが思う、

 

人生にとって最も価値のあるものは何か?

 

ということです。

 

僕の場合であれでば、

「親子関係」が、

もっとも人生にとって価値のあるものだと思っているので、

 

その「価値あるもの」

をよりよくしていくために、

自分の家業と「親子関係」をくっつけることで、

世の中の薬屋のイメージを変えようと思いました。

 

僕の家業は、各お客様と何十年という長いお付き合いを

してもらっているサービスですから、

 

「親子関係」についても、

相手のことを理解できるし、

実際に僕も親という立場なので、

親子両方の気持ちがわかります。

 

その上で、コーチング理論を使って、

相手(お客様)の親子関係がよくなるような、

提案を日頃からすることで、

 

薬屋の新しい価値を提供することが

できるようになりました。

 

あなたが家業の何かを変えたい、

新しいことに取り組みたいと思うのであれば、

 

是非、

あなたが人生でもっとも価値のあるものは何か?

 

ということを考えてみてください。

そして、

その価値あるものを

あなたの家業と「くっつける」ことで、

 

あなたが継いだ家業が、

新しい価値を生むことになります。

 

家業と「価値あるもの」の距離

今、

このブログを読んでいるあなたにとって、

「価値あるもの」は何でしょうか?

 

ひょっとすると、

自分にとっての「価値あるもの」と、

家業が全く違いすぎて、

余計に絶望した。

 

と思われる方もいるかもしれません。

ですが喜んでください。

 

実は人間は、距離の遠い、

一見関係ないように見える2つのものがくっつくと、

「全く新しいもの」と感じる生き物です。

 

iPhoneも当初は、

音楽プレーヤーと、

携帯電話をくっつけたようなものですが、

世間ではスマートフォンという

「全く新しい価値」として受け入れられました。

 

洗濯機も、

「洗濯板」と「機械」という、

一見関係ない2つのものがくっついて

できたものです。

 

何が言いたいのかというと、

 

あなたが思う「人生で最も価値のあるもの」と、

あなたの家業が関係ないものであれば、

それは最高のチャンスである。

 

ということです。

 

 

くっつけることができれば、

それが世の中にとって、

「全く新しい価値のあるもの」

として受け入れられる可能性を秘めているのです。

 

遠ければ遠いほど家業がユニークになる

「家業」と「価値あるもの」の距離が遠いことで、

良い点は、もう1つあります。

 

それは、

 

あなたの家業のユニーク性が増す。

 

ということです。

 

新しいものを作ったとき、

それがどれだけ素晴らしい商品やサービスでも、

 

「なんだこれは!」

 

というユニーク性がなければ、

なかなか人には受け入れてもらえません。

 

ですが、家業と「価値あるもの」の距離が遠いと、

自然と「ユニーク性」が増してくるので、

 

あなたの家業が生み出した新しい商品やサービスが、

「なんだこれは!」と人々に

 

「おっ!」と思わせることができます。

 

現代は、情報も物も溢れているので、

「おっ!」と思わない”普通のもの”には

だれも興味を示しません。

 

だからこそ、

あなたの「価値ある物」が遠ければ、

家業がより輝く可能性が高いのです。

 

結局、家業であなたがやりたいことがあるのかどうか

 

これまで書いてきたように、

 

人は見たいように見て、

生きたいように生きることができます。

 

あなたが継いだ家業を

 

あなた自身がどのように見ているかによって、

未来は変わってきます。

 

もしあなたが、

より良い未来をみることができていないのであれば、

「家業で何をしたいのか?」

「どんな価値を届けていきたいのか?」

 

この2つを明確にしていくことで、

あなたが継いだ家業と、

家業の将来を見る目が変わってくるはずです。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

なぜあの人は半年間で変わったのか?クライアント様の声

  • 興味はあるけど、具体的にどう変わっていけるの?
  • パーソナルコーチングを受けたら本当に自分は変われるの?

と疑問に思われた方はぜひ、お読みください。

あなたが半年間で「自分史上最高の後継者としての自分」を手に入れる

限定10名!特別無料トライアル無料セッション実施中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください