【北海道 コーチング】「嫌われる勇気」〜人生を変えるアドラー心理学〜

人は変わることができる。

この本はフロイト・ユングと並び心理学の世界3大巨頭の一人であるアルフレッドアドラーの思想をまとめた,

1冊で、ある青年と哲学者(哲人)との対話という物語形式で構成され非常に読みやすい本でした。

 

物語は

人は変わることができる

 

ということをテーマに4つの主題で書かれています。

 

【アドラー心理学の物事の捉え方】

 

これがこの本の大きなテーマです。

 

アドラー心理学は「他人を変える」のではなく、「自分を変える」ための心理学です。

 

そのため、「目的論」に基づき、「トラウマ」や、「ある出来事に対して湧き起こる感情」には、

そのトラウマが引き起こされる「目的」があると考えます。

 

目的論とは、「トラウマが原因で外に出られない」のではなく

 

「外に出たくないから、そのトラウマを作り出した」というものです。

 

「過去の経験が自分の人生を決める」のではなく、

「過去の原因にどのような意味を与えるか」によって自分の人生が決まる。

 

これがアドラーの考え方です。

 

人は「目的」に沿って生きている。

 

自分が嫌いなのも、他の誰かを羨ましいと思うことも、全てあなた自身の「目的」に沿ったものなのです。

「変わりたい」と思っているのに「変わらない」のは、

あなたが変わることを望んでいないからです。

 

なぜなら、人生(生き方)を変えるということは非常に大きな

 

“勇気”

 

が必要になるからです。

 

【アドラー心理学での悩み・苦悩の原点】

 

なぜ、変わることに大きな勇気が必要なのか?

それは「もし〜だったら」という

 

「変わらずに生きる方が自分の可能性に期待したままでいられるから」です。

 

つまり、

「もし、自分がもっと社交的なら彼女ができるのに」

 

と変わらずに悩んでいる男子が意を決して社交的に振る舞ったとして、それでも彼女ができなければ・・・?

「最大の悩み」「最大の欠点」がなくなっても自分の思い通りにいかなければ、

そのダメージはどれほどでしょうか?そう、

 

変わるには「事実を受け入れる勇気」が必要なのです。

 

アドラーは「悩み」などは、全て「人間関係」が生み出すものだと唱えています。

 

社交的ではない・運動ができない・・・など全てのものは

「他人と比べた主観」から生まれたものです。

 

他人との「違い」があるのは当然ですがその「違い」を善悪や優劣で判断してはいけない。

 

本来の健全な劣等感とは

 

「他者との比較ではなく、理想の自分との比較」から生まれる。

 

とアドラーは唱えています。

 

人生のタスク

 

人生には、行動面と心理面の2種類があり、それぞれに2つずつのタスクがあります。

 

他人と比べる間違った劣等感を持った人はそのタスクから逃げているのです。

そのタスクとは

『行動面の目標』

・自立すること

・社会と調和して暮らすこと

『心理面の目標』

・わたしには能力があるという、意識

・人々は私の仲間である、という意識

 

この4つであり、本当の意味でこのタスクを乗り切るためには「勇気」が必要であり、

「なにが与えられた(経験した)」ではなく「与えられたもの(経験)をどう使うか」が重要なのです。

 

【他者の課題を切り捨てる】

 

では、この勇気をいかに使うか。

まず前提として、「他人の期待を満たすために生きてはいけない」ということがります。

 

つまり、「他者からの承認を求めない」ということです。

行動の目的が「他者の期待を満たす」というものになれば、それは非常に苦しいものになるのです。

 

他者からの期待に応えることを目的としない、つまり”承認欲求”を排除するためには

 

「課題の分離」

 

という考え方が非常に有効です。

 

課題の分離とは、「自分の課題」と「他者の課題」を切り離すことです。

 

例えば

子供をいかに勉強させるか?は“親の課題”であり

勉強をするかどうかは“子供の課題”で、

 

この2つを混ぜないことが「課題の分離」です。

 

相手を変える(相手の課題に介入する)ことは大変

 

そもそも相手を変えると言うことはかなり難しいことです。また、相手を変えると言うことは、

相手に自分を変えられる(課題に介入される)ことも悩みを生み出す原因となります。

 

会社で言えば、

会社の仕事を行うのは”あなたの課題”

その評価を下すのは”上司の課題”

です。

 

この上司の課題はあなたにはどうすることもできません。

あなたは、ただ自分の仕事(課題)に精一杯取り組めば良いのです。

 

この「課題の分離」ができれば

あなたの人生はもっと生きやすいものとなるはずです。

 

勇気の使い方

 

「他者の評価を気にせず、他者から嫌われることを恐れず、承認されないというコストを支払うこと」であり、

ここに勇気を使わない限り自分の行き方を貫くことはできません。

ではその「勇気」はいかに生み出されるか?

それは「世界(アドラー心理学でいう共同体)にとって自分は有益である」と思えた時です。

 

つまり、あなたの主観で

「自分は他者に貢献できている」と思えた時に生み出されます。

 

ここで重要なのは「あなたが他者に何をしたのか?」という”行動”ではなく、

「自分が生きているだけで喜んでくれる人がいる」という”存在”が他者に貢献している。

 

という意識を持つことです。行為での貢献は承認欲求の枠を出ることはありません。

 

自分自身を受容(自己受容)し、他者を信じ(他者信頼)、誰かの役に立っている(他者貢献)。

ということを実践していく必要があります。もちろん他者貢献は誰かの期待に応えるのではなく、

自分自身が「自分の価値を実感する」ために行うものです。

【変わりたいあなたへ】

 

どうでしょうか?

アドラーの教えを全て理解するには「生きてきた年数の半分の年数が必要」

と言われています。

 

しかし、それはあくまであなたが一人で実践しようとする場合です。

コーチやカウンセラの役割

私たちはその期間をできるだけ短く、早くあなたの人生を変えるお手伝いをします。

勘違いをして欲しくないことは、「人生を変えるのはあなた自身」だということす。

 

そう、ここでも自分の課題と他者の課題が出てきます。

あなたの人生を変えることは”あなたの課題”

あなたの人生を変える最大限の援助・協力をすることが”私の課題”。

 

ご参考になれば幸いです。

 

なぜあの人は半年間で変わったのか?クライアント様の声

  • 興味はあるけど、具体的にどう変わっていけるの?
  • パーソナルコーチングを受けたら本当に自分は変われるの?

と疑問に思われた方はぜひ、お読みください。

あなたが半年間で「自分史上最高の後継者としての自分」を手に入れる

限定10名!特別無料トライアル無料セッション実施中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください